DR喜多、熱海を歩く

DR喜多と松本哲治氏(タックワールド)は、
新大阪から浜松までは”ひかり”で、
その後にこだまに乗り換え、
熱海駅に着いたのは、
昨日の午後5時1分だった。
熱海駅から宿泊先の、
”サンミ倶楽部”に案内し、
夕食先の、「天匠」(清水町)で、
午後6時に待ち合わすことに。
先にホテルに案内した、
中川忠氏(エレメンツ製薬)は、
時間前に、天匠で待機してた。
松本氏は、
「離れの・・・宿 ほのか」の、
インターネット営業戦略の契約と打ち合わせに、
中川氏は、
新規開発した”ハイル温泉マット”を持参し、
小生が、モニターとして使用することに。
「美と健康」を原宿から発信する、
エレメンツ製薬が完成したのが、
”おうちで岩盤浴シリーズ”と名づけた、
オーストリア最大の温泉保養地、
バドガシュタインに、
世界で最も優れた、
「坑道療法施設ガシュタイナー・ハイルシュトレーン」の、
貴重な石の力を、エレメンツ製薬が、
特殊技術により、
もっとも簡単で安全なマットとして完成、
このマットを布団・アットにセットするだけで、
簡単に岩盤浴が楽しめ、
約30分ですばらしさが体験できるという。
DR喜多には、
医療器具としての認定を受ける予定の
このマットの臨床について、
小生が仲立ちさせていただくと言う、
顔合わせだった。
和歌山県出身の”DR喜多”、
活きものより、
煮物が大好きということで、
「天匠」を紹介、
ここの”売り物の一つ”、
金目鯛の煮付けを食べていただいたのだが、
「うまい」を連発で、
酒の飲めないDR,
ご飯のお代わりの大満足で、
各々のを対面させた小生としては、
”食が取り持つ、友好の和”で、
四者共同の”ニュービジネス”が進展する予感を、
強く感じた会食だった。
この日の「天匠」、
小生たちの隣の席に、
熱海銀座商店会の方々も会食しており、
DR喜多を紹介させていただいた。
s-IMG_0422.jpg s-IMG_0423.jpg
そのあと、
松本、中川両氏の要望で、
小生の”ラーメンハウス”Ya~Ya~屋”で呑みなおしに。
そこに、ロイヤルリゾートの矢野所長が飛び込み、
一緒にカメラに収まる。
s-200640155.jpg
店に飾ってある、
”東映カレンダー”4月の顔は、
既報のとおり、
DR喜多の和歌山時代からの親友、
「小林念持」さん。
そのカレンダーを小脇にもう一枚。
s-200640157.jpg
この後、2階のクラブで、
中川氏の渋い喉と、
松本社長には、
s-CIMG2927.jpg s-CIMG2931.jpg
”ほのか杯チャリティーゴルフ”でご一緒した、
芸妓置屋「紅大吉」の初玉姉さんを紹介し、
さらに盛り上がりを見せた、
一日でだったのである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment