コーカサスの赤い風”1993″(1)

訃報相次ぐの項で、
葬儀を担当したのが、
西村葬儀店
それもそのはず、
社長の「石村孝治」氏は、
故川上健次氏が役員だった、
ホテルの株主でもあり、
日大時代は、
故山口新氏の一年後輩で、
子供の頃からの顔見知しりという間柄。
昨日は、
熱海市議会観光福祉委員会委員として、
熱海芸妓置屋連合会主催の、
祭事と重なったのだが、
山口家の告別式に出席させて頂いた。
火葬場では、石村氏と、
故人を偲ぶ数々の共通した、
思い出話を綴り合うひと時を過ごした際、
ゴルフ談議にも花を咲かせた。
石村氏とのゴルフ歴も長いのだが、
技量は小生より数段上で、
パターを得意としている。
「ゴルフはパットだよ。パット・イズ・マネー」と、石村氏。
ちっとも上達しない小生のゴルフに
歯がゆく思ったのか、
ー明日事務所に”パター”を届けるよ”と、
今日の正午、
”テーラーメイド・モンザ”を、
小生の事務所に届けていただいた。
s-CIMG3006.jpg
石村氏、
昨夜2時50分ころ起きた地震に触れ、
ー伊豆半島東方沖地震を思い出すーと、
観光地への影響を危惧した。
伊豆半島を震源とするこの地震で、
熱海市内でも震度4を記録、
その後5回ほど群発している。
専門家の話では、
同程度の地震が起きる可能性を指摘しつつ、
過去の例からも、
概ね1~2週間で終息し、
GWへの影響は少ないとの見解を示した。
★★★★★★★★
とは言え、
予測できないのが天災である。
地震で蘇るのが、
細川連立政権が誕生した、
1993年の7月12日)に北海道・奥尻島で発生した、
北海道南西沖地震だ。
ここの地震で、
津波と大火事で島が壊滅状態となり、
死者・行方不明合わせて239人の犠牲者を出した。
その後この島へ、
行政視察させて頂いたが、
地震と津波、火災による被害は
筆舌に尽くせないほどの大惨事だった。
この地震が忘れられないのは、
小生が「ロシア」を訪れた年だったからである。
かつて小生が発行していた日刊紙、
”東名新聞”紙上で、
モスクワや、
”チェチェン・イングーシ自治国”(当時)の
首都「グローズニー」を訪問した記録を、
「ロシア紀行」”コーカサスの赤い風”と題して連載した。
改めてこの紀行を振り返ってみることで、
故金平会長(協栄ジム)、
アントニオ・猪木さん、
ナイタイ・円山社主と小生を繋ぐ原点があったのか。
また、
今後、円山社主との交流において、
ロシアとのスポーツ、文化のジャンルや他のビジネスにおいて、
友好的民間外交の潤滑油となれば幸いだ。
(1992年3月、日本ジャンボーを表敬訪問した”マモダエフ経済担当相ー当時ー)
s-img411.jpg
ロシアへの出発は6月2日と決まった。
未知の国に対する皮算用は膨らむばかりだ。
NHKテレビ・ロシア語会話、六ヶ国語会話「ヨーロッパ・ソ連編」
地球の歩き方「ソ連」、エリアガイド「ソ連」と、取り揃え、
教育テレビの画面とも格闘する。
ロシア語は難しい。
無知を演じて会話の中から、
”距離”を図ろうとは、10年早そうだ。
それにしても夢見たいな話が、
日一日と現実味を帯びていく。
が、
間近になるにしたがい、
不安感が増幅してくるのも隠せない。
経済破綻、超インフレ、政情不安、
核管理問題、赤いマフィアの台頭など、
今次期の”渡ロ”への不安と緊張感も隠せない。
(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top