3月定例会「熱海会」政調会

16日、
熱海市が平成18年度当初予算案を
発表したことを受け、
3月議会提出案件も含めた、
熱海市議会の各会派との、
政調会が始まった。
17日の今日は、
「自民党熱海会」(加藤則夫会長)との日程が組まれ、
午前9時から予定通り、
庁舎5階会議室において開かれた。
高橋幸雄「熱海会政調会長」の挨拶に続き、
s-200620170.jpg s-200620171.jpg
川口市長は、
厳しい財政運営を前に、
役所の中から、歳出をカットしていくと、
市長10%、助役、収入役各5%の
給与を一年間、
職員についても、半年間の給与減額を求め、
組合側と交渉していく考えを示した。
新年度当初予算案「一般会計」は、
前年度、1,4%減の
184億8千3百万円と、
8年連続のマイナス予算となった。
8特別会計と公営3企業会計を合わせ、
394億9876万円は、
前年比0,4%増となった。
また、交際費についても
市長5割削減、
議長3割カットを決め、
事業の見直しを徹底し、
安心・安全のまちづくりを目指すと、
観光振興や福祉・教育関連重視の
予算配分についての取り組みを明らかにした。
s-200620174.jpg
一般会計歳入の約6割を占める「市税」は、
106億9,588万円と、
前年比1億7.619万円の減収となり、
固定資産税は、52億6、700万円と、
これも前年比3億円余りの大幅減となった。
また、国の三位一体改革による「補助金」の減額が響き、
7千万円の歳入減と、
熱海市を取り巻く財政的環境は、
悪化の一途を辿っている。
s-200620172.jpg s-200620173.jpg
政調会では、
桜井財政部長が進行する形で、
歳入歳出の詳細を政調会資料を基に読み上げ、
会派議員から、
公営三企業の未集金処理への不満や、
収納率や滞納処理や、地域振興対策等、
各項目毎に質問を重ねた。
小生にとって、
熱海会議員として初めての政調会だったが、
違和感なく上程案件への質問ができたのも、
加藤、梅原、高橋、梅の各所属議員との、、
暗黙のコミュニケーションが取れたからであり、
これまで一人会派として
当局に”ぶつけて来た”個性を失う事無く、
政調会を終了でき、
熱海会所属が最良の選択だったと
確信できた日でもあった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment