「ほのか杯チャリティーゴルフ」

早いもので、
「離れの・・宿 ほのか」
オープンにあわせて開催された「チャリティーゴルフ」も、
今月で第6回目のコンペが、
西熱海ゴルフ場にて、
27名が参加して開かれた。
このコンペは、地元の出入り業者を中心に、
旅館関係者やゲストを招き、
毎月コンペを重ねてきた。
s-200620160.jpg
今回は、日本調理士会のカリスマの一人、
「安斎朝一氏」が特別参加した。
(上記写真中央が安斎会長)
安斎氏は、日本料理研究会師範や、
四条司家料理故実御調所指南役、
日本調理士連合会師範などの肩書きを持つ。
小生も安斎氏とは、
「鱗友調理士会」を通して面識があり、
今年も、
箱根「ホテルおかだ」にて、挨拶を交わしている。
このコンペでは、
全て自己申告だが、
OB、3パットやバンカーに入れた場合、
ペナルティーが課され、
ホールアウト後、
チャリティボックスに入れられ、
毎月、熱海市社会福祉協議会へ寄付される。
    (外久保社長、カイ姐さん、ガレージシーサイドの坂口社長)
s-200620161.jpg
今月、外久保社長(ほのか)と同行した
大阪への”販売促進”の際、
お持て成しを頂いた、
吉本新喜劇の「池乃めだか」師匠の店、
”キャット”の共同事業者、
「倉沢由昭」社長と、
「山下雅周」社長が2連泊で参加、
倉沢氏、44、48、山下氏、57、47とまとめた。
  (玉大吉の初玉姐さん)
s-200620162.jpg s-200620163.jpg
前回から、
市内の芸妓さんたちも参加し、
コンペを盛り上げ、今回も、4人がプレイ、
何れも、小生を上回る”集中力”を発揮して、
40代後半でホールアウトした。
ただ、
「涌稲国愛澄」姐さん、こと、
芸妓置屋「時代屋」の”カイ”さんだけは、
ニアピン一つ獲得したものの、
笑い涙で視界が曇ったかどうか、
小生と変わらぬスコアでホールアウトさせてしまった。
9番打ち下ろしのミドルホールで、
ドラコン一本、取ったものの、
今回も納得のいかない、不完全燃焼のうちに終わった。
今夜は、
倉沢、山下両氏と外久保社長を交え、
食事方々大阪発関東進出の”麺ビジネス”と、
ある、データーソフト販売に関する商談が控えている。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment