携帯ポータルサイト放送局 ③

単なる「ケータイ放送局」(QRコード)の発信だけでは、
販促ツールとしては、弱い部分があるが、
田嶋氏の「マイブロードキャスト放送局」は、
出版プロデューサーとしての、
豊富なキャリアを活かし、
◎エリア地域開発計画と連動していくことや、
◎出版媒体と連携記事を計画することで、
他社の真似の出来ない斬新なコンテンツを
作り上げていく自信を見せる。
s-200610225.jpg
s-200610226.jpg
s-200610228.jpg
s-2000610227.jpg
例えば、
エリア地域開発計画(まちおこし)として、
具体的にあげると、
東京の場合、
新橋・汐留地域開発・街づくり協議会と連携し、
PR誌等の発行準備や、
山手線ステーションビル運営機関(恵比寿)と連携、
或いは、
浅草観光案内インフォメーション等への
関係者と接触窓口の強化や、
原宿エチカ・アーケードショップ街、
ポータルサイト放送局計画などや、
出版媒体との連携では、
広告プロモーション、
加盟店メンバーの宣伝用チラシや記事化、
マガジンタイアップ(記事化)、
PR誌とタイアップ(記事化)、
ステーションビルのポスター(催事キャンペーン)、
エリアポータルサイト各種販促ツールと連動化、
PCパソコンサイトとリンクするなど、
田嶋氏の「ケータイ放送局」(マイブロードキャスト)は、
今後、携帯電話に不可欠な、
バーコードリーダー
読み取り機能が普及することを見込んだ、
小資本販売促進ツールとして、
個人が自己責任の下、発信する情報ツールである。
将来的には、
個人コンテンツの、放映権、ビデオ化権、配給権等が、
権利ビジネスとして保証されることを、
通信事業のモットーとして運営していくようである。
では、
熱海観光振興のサポートとして、
このケータイ放送局でどのような支援が出来るのか、
戦略を聞いてみた。
1、JTBと共同携帯事業を締結し、
  雑誌利用!
2、浅草・汐留のPR誌企画制作し、
  年6回程度発刊!
3、浅草観光携帯ガイドの開始で、
  熱海観光の告知!
4、山手線ステーションビルPR誌の利用!
5、東京駅乗降客に、
  熱海観光QRコード配布作戦で、
集客販促を東京からバックアップしたいという。
この事業に興味のある方は、
東京都豊島区巣鴨1-40-4
            メゾン清水201号室
マイブロードキャスト株式会社
田嶋廉仁氏まで、
電話03(3945)9314
携帯090(4911)9943
URL.http//be-plus.co.jp
E-mail nccrenji@sea.plala.or.jp

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment