万葉ブランド吟醸米焼酎「万葉」

高橋弘会長が昨夜、「Ya~Ya~屋」に、
株式会社「政恵」の間所社長を伴い、ヒョッコリ顔を覗かせ、
当店売れ筋の、
肉味噌モヤシ麺」を、
ご賞味頂いた。
s-200512280.jpg s-200512281.jpg
にらやまカントリークラブでの、
”打ち収めゴルフ大会”以降は新年の挨拶に伺うまで、
お会いできないと思っていたのだが、
全国万葉倶楽部8ヶ所の「万葉の湯」で売り出す、
吟醸本格米焼酎「万葉」の実売品を、
販売業者である、
株式会社「政恵」の、間所社長とともに、
わざわざ、小生に届けていただいたのである。
それでなくても、小生後援会主催の、
「村山憲三市政報告懇親会」では、
焼酎「万葉」を100本寄付頂いている。
この「万葉」は、
高橋会長と間所社長のコラボによって開発された、
万葉倶楽部だけで販売する「吟醸本格米焼酎」ということだが、
s-200512282.jpg
一般の”お酒屋さん”や、酒類販売できる”コンビニ”、
”スーパー”なども含め、ご希望とあればご相談承るとのことだ。
簡単に、商品説明を記載すると、
s-200512283.jpg
s-200512284.jpg
小生は、
「万葉」と、「燦乃華」、2種類の焼酎4本頂いているので、
ご試飲されたい方は、
小生のブログを見たといって、
熱海市咲見町の、ラーメンハウス「Ya~Ya~屋」に来ていただければ、
杯数に限りはありますが、一献差し上げます。
高橋会長等がお帰りになったあと、
「離れの宿・・ほのか」
出入り商人有志による、忘年会が”このラーメン店”の奥で開催され、
小生は太田氏(ペットショップトップ)と、ゲストで参加した。
s-200512288.jpg s-200512289.jpg
s-2005122810.jpg s-2005122811.jpg
参加者は、市内の酒屋さん、魚屋さん、干物屋さん、
リネン関係者、総合食品、看板屋さん、八百屋さんなど。
金銭的トラブルから、法廷闘争へもつれ込んだ、
旧「かじか荘」時代の経営陣当時から
出入りしている業者さんにとって、
「離れの宿・・ほのか」の、
即金に近い支払いシステムは、魅力的で、
悪しき慣例だった、
業者と仕入れ担当者との癒着を徹底排除し、
その無駄な部分に、
良質な商品と素材を納入できることで、
”余分な神経”を使わずに済み、
商人にとっては大変ありがたい。など、活発な意見が交換された。
次々に休・廃業に追い込まれる、
旧態依然の大型宿泊施設。
業者への支払いサイトは、1ヶ月から3ヶ月。
その間、経営者は宿泊料金を手に、やり繰りできるものの、
商人は、人件費や納品は待った無しで支払わねばならない。
あげく、民事再生などともなれば、
債権棚上げという、出入り商人受難”どん底”不況により、
熱海市経済が益々冷え込んでいる中、
開放され、オープンな相互信頼関係が、
結局は宿泊客を満足させ、リピーターに繋がると、
「外久保」氏は、これからも協力していただきたいと、
深く頭を下げ、信頼関係を強調した。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment