貞方社長「ソロモンの王宮」へ出演

高橋会長もメディア戦略は長けている。
今年6月、
バラエティ番組、「金のAさま、銀のAさま」が、
横浜みなとみらい21万葉の湯」の、
オープニングに合わせ、
飯島愛さんをメインに迎え、
施設案内を詳細にしたばかりか、スタジオ出演で
高橋会長の”存在”を全国区に押し上げることに成功している。
横浜みなとみらい21の、
横浜市の都市計画案と合致した”温浴施設”だけに、
番組企画に見事にハマった放送となり、
高視聴率で関係者を喜ばせたようだ。
   (今年6月横浜万葉の湯プレオープン記念での、高橋会長と貞方社長)
s-2000000.jpg
高橋会長は撮影の合間に、
「過去の例から、一時間番組でも、実際に放映されるのは、
1分間程度で、場合によっては映らないかもしれない」と、
自身の経験を踏まえ、
丁度ご子息をお連れし来店していた、
遠藤・秋山一家を前に笑いながら話す。
確かに視聴率を稼げない場面と思えば、
編集作業で削られることは当然なことである。
再び撮影の方向性が決まり、
テーブルに向うとき、小生は強引にご子息を
同じテーブルの開いている椅子に座って頂いたのである。
聞けばご子息、ボストンから帰国したばかりとのこと。
映ろうが映るまいが、経験としては絶好のタイミング。
ディレクターも”ダメ”を出す様子も無くスンナリと、
撮影再会された。
最も、高橋会長の言うとおり、
映っているかどうかは、ディレクター任せではある。
ディレクターはカメラの背後で5インチほどのモニターで、
画面構成を組み立てているのか、
撮り残しを嫌うように、
高橋、渡辺、雨宮宮司各特別ゲスト以外の、
ライトの前に次々と、佐口会のメンバーを立たせる。
大竹氏(セグレード)、平石啓三郎(温泉通り町内会長)、
小生、そしてメンバー全員をカメラが追いかける。
s-200511246.jpg s-200511248.jpg
約1時間20分で撮影が終了した。
高橋会長は貞方社長のセンチュリー特別仕様で自宅に、
雨宮宮司さんはタクシーでお帰りになった後、
遅れて飛び込んできた、佐藤ノリピーさんや、
スタッフや貞方社長等が空いたお腹を満たすことに。
s-200511242.jpg
佐口会のメンバーや遠藤・秋山一家、
名古屋から駆けつけたメンバーの
「梶間」社長(カジマ不動産)等がダンゴになって、
s-200511249.jpg s-s-2000001.jpg
餃子や”肉味噌モヤシ”を主食に、
暫し、佐口会と「ソロモンの王宮」撮影の余韻をツマミに、
刺激的でワンダフルな夜をマイルドにしたかのように、
s-200511244.jpg s-CIMG0265.jpg s-CIMG0268.jpg
何時までも笑いが絶えない一夜となったのである。
更にこの夜、撮影の始まる前、(前日の写真参照)
大竹氏が13年前、
「日本ジャンボー」湯河原本社現像所に
勤めていた事を披露し、覚えてはいなかったものの、
”縁”の妙が、
高橋会長を喜ばせたことも付け加えておきます。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment