第7回「湘南台ファンタジア」へ

11月2日(水)は、ほのか杯争奪ゴルフ大会だが、
詳細は近日報告するとして、
湘南台ファンタジアでのレポートの続きをしよう。
「佐口会」の席で、
大竹氏に湘南台ファンタジア見物を約束しが、
藤沢という地名は知っていても、
湘南台という名は、正直初耳だった。
浅草サンバカーニバルに関しては、見た経験もあり
テレビ等で紹介される程度の認識はあるが、
神奈川県下の”藤沢市”でも、
ブラジル「サンバ」をイベントのメインにしたことで、
年々「湘南台ファンタジア」を目掛け、
ブラジル関連のフードマーケットが立ち並び、
在日ブラジル人が年々多く集まり、
イベントに一層”華”を添えることに成功しているというが、
この目で確認するまでは
俄かには信じられなかった。
先ずは、「百聞は一見に如かず」である。
佐口会から一日おいた30日、
午後1時ジャスト、東海道線「アクティ」に乗車。
藤沢駅で下車し上り快速小田急で湘南台に下車。
ここまでの交通費は、JRが950円、
小田急線が180円の〆て1、130円。
改札口を抜け東口出口までくると、
賑やかな鼓笛の音が響いてきた。
午後2時30分、湘南台駅東口前メインの沿道を、
観衆がズラッと取り囲み群がっている。
その数、数千人というところか。
s-20051112.jpg s-20051113.jpg
観衆を割るように、バーゲンセールのような出店や、
子供相手の露店が店を連ねている。
大竹氏に携帯を入れると、
メインストリートを真っ直ぐ登ると公園があり、
その中で、出店を開いているという。
人ごみをかき分けるように、
湘南台公園に。
s-CIMG6948.jpg s-20051115.jpg
公園内では、フラダンスのステージイベントが真っ盛り。
腰を捻り、両腕を波打たせる愛好会の数組の女性チーム。
s-20051114.jpg s-CIMG6954.jpg
その舞台を多くの観衆が取り囲み観賞している。
その中に混じって、中南米系の人たちもかなり多い。
大竹氏の出店では、ブラジル式ソーセージとチキン、
飲料水はガラナとブラジルビールの4点のみしか扱っていないが、
一日、30万円以上は売り上げるという。
s-CIMG6960.jpg s-CIMG6961.jpg
大竹氏に紹介され、何度かお会いしている、
ラテン化推進会議」の主催者で、
http://novazoom.ameblo.jp/
「湘南台ファンタジー」をコーディネートした、
伊藤修氏が顔を見せた。
さて、午後4時を回りフィナーレを飾るパレードが始まった。
s-CIMG6965.jpg s-CIMG6966.jpg
s-CIMG6967.jpg s-CIMG6968.jpg
s-CIMG6969.jpg s-CIMG6970.jpg
幼稚園児が”マツケンサンバ”の曲にあわせ、
スタートを切り、神奈川県警や地元高校のマーチンングバンドに続き、
4組のパフォーマンスのあと、
お目当ての、
「サンバ・ド・ブラジル」の登場で、
s-CIMG6972.jpg
s-CIMG6980.jpg
s-CIMG6979.jpg
沿道を取り囲む群集も、
一気に祭り気分一色となり、藤沢市民まつり、
第7回「湘南ファンタジア」が、
大成功のうち、フィナーレを飾ったのである。
今日は多くのヒントを頂きました。
ありがとう「大竹さん」、「伊藤さん」。
今月4日には、鶴見大竹氏の「セグレード」に参りますので、
宜しくお願いいたします。

2 Comments

  • 『ラテン化計画』すばらしい企画だと思います! 南米の食事や音を楽しめる街っていいですね~。 浜辺と温泉でリラックスして音を感じて。。。  まるで『イビサ』のよう!! 熱海のメインストリートでステップを踏める日を楽しみにしています。
  • 村山憲三
    ありがとうございます。 早期実現を目指して努力いたしますので、 期待していてください。

Leave a comment