第21回「阿吽会」親睦ゴルフ大会

2市(熱海・伊東)4町(湯河原・真鶴・箱根・函南)の、
各議員と議会事務局関係者が
広域行政推進の一環としてスタートした、
「阿吽会」親睦ゴルフ大会(加藤則夫会長)。
11月7日(月)、第21回目の大会が、
「西熱海ゴルフ場」で開催され、31人の参加者が集い、
快晴に恵まれ、絶好のコンディションのもと、
午前9時10分にスタートした。
       
        
       (写真はスタート前の参加者と右は加藤則夫会長)
s-CIMG0072.jpg s-CIMG0073.jpg
s-20051180.jpg
s-20051182.jpg
ゴルフは午後3時に全員がホールアウト、
成績発表と表彰式は、懇親会を兼ね
熱海市内の「ウオミサキホテル」で
川口熱海市長や小松議長等も同席し行われた。
優勝は、ダブルペリア方式で、
松野満議員(湯河原町)で、スコアは
(アウト40、イン43グロス83ハンディ12,8ネット70,2)
ちなみに小生は、
アウト49、イン53の102で12位、
熱海市議会参加者の主な成績は、
加藤会長、アウト53、イン51=104で19位、
若井明議員、アウト51、イン50=101で9位、
高橋幸雄議員、アウト49、イン52=101で10位、
橋本一実議員、アウト40、イン48=88で4位、
田中秀宝議員、アウト52、イン50=102で13位、
宇畑良三議員、アウト46、イン47=93で3位、
岡武秀議員、アウト58、イン54=112で24位だった。
     (写真はウオミサキホテル6階宴会場での懇親会風景)
s-CIMG0080.jpg
    (写真左から、田中、橋本各議員と小生、富田幸宏湯河原町議)
s-20051181.jpg
挨拶に立った各市町村の代表者等は、
「湯河原、真鶴、箱根等の懸案事項である、
し尿処理等個別課題である公共事業等は、
広域行政推進特別委員会所属である我々が、
一致協力して建設したい」と、
熱海市エリア内での建設プランを例にとり、
三位一体改革による、
緊縮財政が市町民への行政サービス低下を避けるため、
無駄を省き2市4町の「観光対策」も含め、
一層の協力を求めることを提案した。
懇親会は午後10時10分まで続き、
議員同士の親睦をよりいっそう深めたようである。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top