熱海市議会「観光福祉委員会」

11月28日(月)午前10時より、
熱海市議会12月定例会に向けた、
観光福祉委員会」が
市役所5階第一会議室で開催された。
協議事項は、
(1)平成17年12月定例会提出予定案件について
①平成17年度熱海市一般会計補正予算(第4号)
②熱海市林道管理条例
③熱海市文化観光サロン条例の一部を改正する条例
④指定管理者の指定について、3件。
 (1)熱海市駐車場
 (2)熱海初島高齢者健康増進施設
 (3)マリンスパあたみ
⑤決算認定について
 (平成16年度熱海市一般会計及び特別会計決算)
と、その他について。
s-200511280.jpg
当局側の説明の後、
先ず、岡議員が口火を切った。
生活保護費の国庫負担金が増加し、
県の補助金が減った理由や
熱海花博会場展示未払いに関して。
その後、山田治議員が、エコプラント業務委託に関して、
内訳書提出を求め、
”生活保護費負担金の増加”
”救急医療増費、老人保健委託料増加”についての
理由と経過について質し、
s-200511281.jpg s-200511282.jpg
小生は、
岡議員の質問に関連し、
”花博”出店業者3件、530万円未払い業者へ集金方法、
業者選定した、
熱海花の博覧会実行委員会に対する、
未払いのまま”逃げ切った場合の可能性と責任”について、
NPO法人Sが展開する、
ホームレス支援事業と、
来年10月以降に予定されている、
「三島信金」と「伊豆信金」合併統合により、
宿泊施設の休廃業が推測される中、
高齢者単身赴任従業員対策の一環として、
熱海市民有志による、
雇用と新規事業開発へ、
”ホームレス支援事業促進”支援事業に対する
当局の見解。
また、山田治議員が宣伝行事費、3億6千万円強の
宣伝行事費に対する費用対効果を質したが、
小生は、当局側の不明瞭な応えに対し、
梅園「梅まつり」期間中、
毎年90~120万人以上が観梅に来ても、
観光バスで素通りしたまま、市内経済への波及効果が
全く望めない現実を捉え、
通過するだけの観光客掘り起こしに血税を掛ける
予算執行の無策を勘案し、
この時期誘致する施設がないならば、
親水公園やムーンテラスにおいて、
「梅まつり」観梅客を
回遊させる
”イベント”を考案しては、など
質問や要望を重ねた、
ただ、この委員会、
午後から「新都市構想推進特別委員会」が予定されており、
この委員会所属委員が重なっていることもあり、
質疑半ばで終了する状況が生じたことで、
今後の委員会開催時間制限の是非が問われる可能性も出てきた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment