アキンドたちの夕べ「ま~る」にて

先日、「離れの宿・・ほのか」(外久保宏一社長)が買収した、
旧「秋よし」のオープンに向けての神事に参加した。
雨宮来宮神社宮司によるお払いお清めの儀には、
関係者を含め約30人が参列、
商売繁盛を祈願した。
旧「秋よし」は、「離れの宿・・ほのか」奥”昭和”と
名前を改め、ほのかと一対の営業施設として
生まれ変わり、京都の由緒ある庭師が丹精込めて造り上げた、
”紅葉”が快晴の下、見事な秋色に染め上げ生き返っていた。
    (離れの宿・・ほのか 奥「昭和」(旧秋よし)の見事な庭園)
s-200511110.jpg
それから7時間後、
「アキンドたちの宴」が開始される、
銀座町居酒屋「ま~る」へと出かける。
途中、ペットショップ「トップ」の前で、このうたげのリーダー
「太田」さんと遭遇し一緒に会場へ。
宴は月一行われ、熱海の飲食店で美味いものを食いながら
市内情報の交換会という側面を持ち、
各人毎回豊富な情報(噂や風雪も含め)が集まる。
今回は、アミテックの「青木」さんが会場を選択した。
ご自分が設備をした飲食店だそうだが、
この「青木」さん、営業努力をしているせいか、
中々顔が広く情報も豊富である。
     (写真左より青木さんと上野さん。キヨミの高橋一美さん)
s-CIMG0092.jpg s-CIMG0093.jpg
今回の話題は、
先ず太田さんからで、この宴の会でも利用してきた、
咲見町の家庭料理の店「ひらり」で働いていた、
ママの片腕の女性が突然死したというショックな
話から宴は始まり参加者を唖然とさせた。
聞けば伊豆山に居住しており、
まだ50歳に手が届いたぐらいの若さだったという。
つい先日も元気な姿を見たという「左官屋」の荒川さんは、
成人病の気配も見えないほど丈夫に見えたといい、
しばし故人を偲びながら、全員で彼女の冥福を祈る。
今回は、「キヨミ」の高橋社長が業界の旅行とかで、
ご子息の「一美」氏が出席した。
この一美氏は小生の愚息「京三」と友人であり、
西村葬儀店のご長男を尊敬している仲間の一人でもある。
「花かがり」(居酒屋)の小松さんが、
ふぐ料理人の免許を取得していることや、
”すっぽん”を捌く名人であるとの、
「太田」さんの推薦があり、
”すっぽん”好きの小生は
今月”すっぽん”料理を
メインにしたプライベートの会を催すことを約束した。
(写真は小松さん)     (写真左手前より荒川さんと太田さん)
s-CIMG0091.jpg s-CIMG0095.jpg
その他話題は、旧伊豆山モーターズの競売の件に移り、
拓伸商事(不動産業)の上野社長が、
400万円の差で落札できなかった話や、
渚再開発問題賛否を巡る住民対立の根幹や、
今後の展開によってはご破算になる可能性についての、
具体的な意見が交わされ、
来年の市長選の争点の一つが、
この「渚再開発問題」であることは否定できないという
考え方で纏まり、「アキンドの宴」は終焉し、
太田、荒川、小生等3人は、
ラーメンハウス「Ya~Ya~屋」(咲見町)で、
2次会へと「宴」では尽きない話を持ち込み、
1時間30分ほど時間を費やし散会した。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment