「歌奏」(かなで)の笑顔

小生も考えてみれば来年60歳。
昭和21年11月3日生まれだから、
間違いなく”還暦”だ。
普段動き回っていると年のことなど気にしたことはない。
ところがである。
愚息の娘が家に来るとその思い上がりが吹っ飛ぶ。
熱海マリーナの小林社長は、
「人気稼業に携わるもの孫を抱いた
姿を人に見せたら一気に老ける」と、
ある有名俳優を指して言った。
s-CIMG6848.jpg s-CIMG6849.jpg
小生も公人の端くれとして、
人様に見られる立場であり、ある面
関係者を牽引していく側面も持つ。
外見的にも内面的にも弱さは見せられない。
ところが、どっこい。
孫の笑顔に接しプリンのようなほっぺに触れると、
思わず抱きしめてしまう。
「ほ~ら、カナデちゃん。お爺ちゃんだよっ、わかる~っ」
「レロレロ、ば~っ」
来年、心身とも60歳を迎える小生でした。

2 Comments

  • 通りすがりの者です
    可愛らしいお孫さんで、とても雅やかなお名前ですね。幸多かれと祈ります。 (あと、お孫さんのお名前間違っていらっしゃるようです、記事の見出しが「かねで」ちゃんとなっていますよ) ところで、市議会の会議録の更新が随分とされていないようです。定例会については6月までしか検索できない状態です、改善していただきたくコメントさせていただきました。
  • 村山憲三
    いつも心あるコメントありがとうございます。 孫の名前は「歌奏」(かなで)です。 それと9月議会の小生の質疑内容は、 既に掲載してございますが、 議会のほうは、小生の担当ではないので、 調べたうえで何時掲載できるのか、 改めてご報告いたします。 ありがとうございました。

Leave a comment