貞方邦介氏と渡辺周前代議士

郵政民営化をめぐって、
国会は解散総選挙に突入した。
新聞やテレビは、
小泉自民党の決断に比較的好意的である。
それは自民党内の反対派に対する
かつてない非常な”サプライズ”対抗策が
国民の関心を集めていることと無縁ではない。
「刺客」は”くの一”とも報じられる、
女性候補者や、
社会面を賑したIT長者等のメンツのキャラに、
賛否を超えたところに関心を呼んでいる。
こうした、国民の目を釘付けにさせる
戦略が果たして自民党反乱軍や
漁夫の利が予想される、
民主党の追撃を退けられるのか。
投票率の行方が俄然注目される。
さて、そんな最中「平石啓三郎」(関東警備社長)が
渡辺周前民主党衆議院委員と
貞方邦介(アルカサバ社長)を
箱根「富士屋ホテル」で再開のテーブルを
用意し、小生もその席に招かれたのである。
さて、その中身とは。
次回、出来るだけ詳細に記載したい。
s-CIMG6057.jpg s-CIMG6060.jpg

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment