花村四郎氏の場合

さて、今日は昨日登場した「佐口会」のメンバー、
花村四郎さんを
ご紹介しながら、
昭和54~55年代の印刷屋時代の
小生の一部にも振り返ってみます。
花村氏は、現在国道135号線沿いで、
スナック「花倶楽部」を経営しています。
小生とは昭和55年以来のお付き合いです。
小生の議会登壇日には必ず傍聴席から、
質疑応答に対してチェックを頂いています。
彼とお会いしたキッカケが、
当時小生が発行していた飲食店を中心とした、
「PRチラシ」たうんタウン熱海の、
広告主代理としてだったと記憶しています。
ですから彼はかれこれ
小生が知り合ってから約25年が経過しています。
当時の彼は、お客に対し徹底的に遊ばせ、楽しませ、
”幇間”的なサービス精神で人気者でした。
(昭和55年8月9日クラブロビー時代の花村氏) (写真右は貞方氏と現在の花村氏)
s-img235.jpg s-CIMG0647.jpg
   (昭和56年2月22日発行のPR紙とクラブべユーズ時代の花村氏)
s-img236.jpg
昭和55年当時は花村氏は、
熱海のど真ん中、
中央町坂本ビル一階で「クラブロビー」の店長で、
名前を「高橋四郎」さんと、本名で活躍。
10人のホステスさんを束ね、
当時から歌とダンスを売りにしていました。
熱海市がまだ観光客であふれ、
巷では飲食店がしのぎを削っていた昭和50年代。
たうんタウン熱海を振り返り、
思い出に残る飲食店やスタッフの今と昔、と
今なお残る”老舗”の生き残り術に、
熱海再生の一端が見えてくれば幸いです。


昭和55年8月時クラブ「ロビー」では、
生バンドが入っていました。
能勢武文とニューロビーズ。
引き語り、吉田ひろし氏が歌とダンスの担当、
当時は8トラックのカラオケがやっと、
夜の街に馴染みだして来たばかりでした。
(写真左、ロビー当時の坂上幸隆部長と客席)
(写真下段、引き語りの吉田ひろし氏)
s-img237.jpg s-img238.jpg
s-img239.jpg s-img240.jpg
この後、花村氏は同じ中央にある、
ニュー大松ビル2階にあった、「クラブべユーズ」の
店長として迎えらた。
ちなみに、べユーズとは、
ルイ15世ロココ時代の椅子の一種で、
シューズ・ア・ブドールと呼ぶ、
化粧椅子とか賭け事を観戦する人のため、
馬乗りに座り、肘を掛ける覗き見る椅子のこと。
と、PR紙に書いてある。
熱海の夜の街で、
今なお一線で活躍する花村四郎氏。
熱海再生には彼のように、長期にわたり健在で、
観光客に太い人脈を持つ、
業界のプロはどうしても不可欠なのです。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment