「池乃めだか」さん

池乃めだかさんも、
「ほのか」の来賓として招かれていた。
   (池乃めだかさん)
s-CIMG6025.jpg
池乃さんは、吉本新喜劇所属。
1968年デビュー、名付け親は桂三枝さん。
間寛平との掛け合いが受け、現在に至る。
他の芸人たちより頭一つ小さいのがウリ。
体の小ささを生かした「ちいさいおっさん」ネタと
猫の形態模写を生かした芸に特徴がある。
近年は、他の商業演劇にも進出しており、
鴻上尚史の芝居にも出演している。
池乃さんは島田洋八さんと「ほのか」に。
川岸会長とは旧知の仲。
池乃さんは副業に「スナック」を経営。
大阪市内のファンが多く集まるという。
小生の友人「松本哲治」氏(大阪・日本橋タックワールド)も、
吉本ファン。今月末には商用で会う予定。
”めだか師匠”から、
「大阪に来たら是非寄って」と、
ありがたいお言葉。
人脈に広がりを予測させ、
「ほのか」での披露パーティは、
ことのほか”ワクワク”期待感が充満していた。
心より「ほのか」開店を喜び、
来賓者に営業以外の
サービス精神を披露し、喝采を浴びていた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment