Today's Kenzo

Published on 10月 5th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

高橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(99) ー1988年、アグファ社より大型裁断機導入ー

今度の衆議院選の
台風の目となった、
小池希望の党。

その希望の党党首の
小池都知事に終始一貫して
批判的なのが、

高橋弘会長(万葉倶楽部)である。

それもそのはず、

築地市場の豊洲移転をめぐり、

東京都から求められた、
千客万来プロジェクトで、
進出を決めながらも、

土壌汚染の問題に端を発し、
スッタモンダの揚げ句、

小池東京都知事誕生後、

新知事の決断が、
築地と豊洲併用案だった。

併用案では

ビジネスリスクが高くなり、
千客万来計画は宙に浮いたまま、
東京都のその後の対応も鈍く、

高橋会長の
小池都知事に対する不信感は
増幅の一途を辿っており、

小池党首の政治力に
懐疑的な見方をしている。

さて、
神奈川新聞に掲載された、

髙橋弘会長の自伝、
”わが人生”その(99)回目をアップする。

////////

ー現像所で使うのは
原反の幅を17=18本に裁断し
小さめのロール紙に
加工したものです。

原反を買って自前で裁断すれば、
印画紙のコストは
もっと安くなると気づいたのです。

アグファ社から
「ペーパースリッター」という
大型の裁断機械を
買い入いれました。

そして88年、

熱海市に新設した工場も
一階にこの機械を設置しました。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑