Today's Kenzo

Published on 10月 23rd, 2016 | by ken@jyohou.com

0

2016年度自衛隊記念日観閲式in朝霞訓練場

今日は今年度の自衛隊観閲式を
最高のポジションから最初から
最後までタップリと観させてもらった。

昨夜の宿泊先は赤羽駅並びの
小洒落たホテル(メッツ赤羽)で、
コンパクトで清潔度も満点だったが、

枕が変わったためか寝付かれず
朝までTVや雑誌を見ながら、
輾転反側しつつ朝をむかえた。

午前7時に王子駅で集合し、
T鉱産社長のワンボックスカーで
川越街道を走り会場へ入った。

fullsizerender356

途中和光市に入った辺から
夥しい数の機動隊や警察官及び
自衛官等が物々しい警備のもと、
厳重な警戒網を敷き、
不審者等の侵入をチェックしていた。

式場第2駐車場に入ってからも
警備担当自衛官による点検が行われ
チケットの種類によって、
リボンが与えられ観覧席も
割り振りされたが、お陰さまで

メインスタンドから
初体験に与ったのである。

式次第は、

安倍晋三総理大臣が

観閲官として臨場し式次第は進み
国旗掲揚、観閲官訓示、表彰式
観閲行進、観閲飛行、祝賀行進、
展示飛行、観閲官退場までの

fullsizerender350
fullsizerender349
fullsizerender345

img_0229

約2時間盛り、

陸海空最新鋭部隊と音楽隊、
防衛大学生他4000人もの、
陸上自衛隊員、オスプレイほか

戦闘ヘリコプター他航空機約50機、
280以上の戦車が参加し、

ブルーインパルス6機編隊による
華麗で高度なテクニックを披露、
会場を埋め尽くした、
関係者や一般観覧者を喜ばせた。

実施責任者である、

岡部俊哉陸上幕僚長が
一糸乱れぬ観閲部隊を披露した。

また、

安倍総理大臣は観閲官訓示として
PKO(国連平和維持活動)など
国際社会への貢献を
進めていく考えを強調し、

自衛隊員にしかできない責務を
立派に果たす諸君に心から
敬意を表すると称えた。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑