Today's Kenzo

Published on 2月 26th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

熱海市議会2月定例会第2回議会運営委員会開催

昨夜中央町の事務所に下りてPC作業の途中、
某中央紙(熱海記者会所属)記者が訪問する。

用件は、2月定例会本会議初日で可決された、
議員定数削減に対する意見を求められた。

記者は、削減が市民のためになるか、市政への
チェックが甘くならないか等、過去のデーターを
基にして削減に賛成した理由を詳細に聞かれる。

毎回、議員定数削減に口火を切る議員の思惑や、
削減を要求する市民感情なども含めて感想を述べる。

さて今朝は、2月定例会2回目の議会運営委員会が
開催され議事日程や発言順序等について協議された。

また、午後1時30分には控室に大阪から旧知の
水谷義彦氏が訪問、名古屋の自動車メーカーの
下請け会社「T]が比国で創設する日本式の
介護研修センターの総支配人として加わることで、
名古屋本社訪問とセブの研修センター視察を
案内されただ、先ずは統一選終了まで動けないと
5月以降に検討して頂くことで、記念の一枚を撮るも、

俄に笑えと云っても顔が突っ張ると、水谷氏は
笑いをとる。でも写真では確かに顔が強ばっていた。

水谷氏の来庁と前後して今日は、高橋幸雄議長が、
選挙用の写真撮りを行うということで、小生も
便乗して行った。議長曰く、カメラを前にしては
中々笑顔を作るのは難しいというが、その点、

笑売繁盛をモットーにFBやブログで嫌という程、
笑顔を振りまいている小生、難なく撮り終え、
高橋議長を始め撮影した水谷カメラ店3台目や
途中で覗きにきた梅原一美議員等と大笑いする。さて、

水谷氏と

昨日提出した通告書の内容掲載を前に、施政方針から、

① 子育て世代の応援について記載する。

ー教育・保育分野においては、人が最大の資産です。
このため、教育・保育の現場を担う職員について、

特別支援教育を充実するための学習支援員を3 名増加、
事務環境改善のための学校事務員を1 名増加、
待機児童の改善や就園希望に応えるための
保育士を2 名増加いたします。次に、子ども達の

学びの機会と居場所づくりと教育環境の改善を図るため、
地域の教育力を活かした公民館寺子屋事業の開催期間、
開催場所を拡大するとともに、学習習慣づくりや
学習内容の定着のため、土曜日学習支援事業を行います。

また、高温で熱中症となるおそれのある普通教室等に
エアコンを設置するとともに、多賀小学校の子ども達が
プール授業を受けられるバスでの送迎を行ってまいります。

児童福祉の観点からは、心身の発達に課題や遅れを持つ
子どもへの支援を最優先課題として取り組みます。先日、

教育長と共に児童発達支援施設の視察をし、就学前の
幼児期から、できる限り専門的な療育環境を
整備していくことの重要性を改めて痛感いたしました。

平成27年度は児童発達支援事業等を専門的に行う
事業所の誘致、選定を進め、できる限り早期の
事業所開設を目指してまいります。

子育て支援の充実のため、スマートフォンに特化した
子育て支援ホームページの運用を開始するとともに、

渚小公園に続き、南熱海地区にも子育て世代が
利用できる遊具の設置を目指してまいります。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑