昨日今日、昼夜ラーメンハウスの洗い場に立つ。 ..." /> 廣瀬幸雄金沢大学名誉教授が週刊新潮(1月15日新春特別号)に登場!(イグノーベル賞の実に凄い研究特集) | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 1月 12th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

廣瀬幸雄金沢大学名誉教授が週刊新潮(1月15日新春特別号)に登場!(イグノーベル賞の実に凄い研究特集)

昨日今日、昼夜ラーメンハウスの洗い場に立つ。
手伝ったとはいえ、昼夜合わせて3時間×2なのだが、
お客が入ると云うのは気持ちのよいもので
疲れ知らずの“笑売繁盛”となった。もっとも、

休憩時間には座敷に新設したホルミシスルームにて
タップリとラドンを浴びていたので、疲れないのは
その効果も否定できない。まっ、何ごとも

プラス思考でモチベーションをあげ明日からの
予定を整理する。午前中には商工会議所提出用の
店舗改修書類をまとめ、明後日訪問する、

自衛隊静岡協力本部に持参する資料作成を
急がなくてはならない、と、気を急くものの、

ホルミシスルームに身を入れるとどうしても
ウトウト、ノンビリとと心も身体も弛緩する。

こんな時は積んどいた週刊誌(週刊新潮)を見て、
リラックスして眠りを誘うに限る。で、パラパラと
めくっていると、去年10月金沢市を訪問した際に

古川光男氏(マザーズ)の案内でお会いした、

日本ストーリー大賞in 金沢の名誉会長である、
廣瀬幸雄金沢大学名誉教授が登場していた。

イグノーベル賞を受賞した日本人学者の実に凄い研究」

と題した特別読み物が掲載されていた。
“先ず人を笑わせ、そして考えさせる研究”に与えられる
「イグノーベル賞」と廣瀬教授については、明後日、

古川氏の来熱を待って、教授からプレゼントされた
著書の紹介と共にブログ再掲載を予定し眠りに入った。
DSC09870
新潮1


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑