Today's Kenzo

Published on 12月 8th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海市議会12月定例会本会議2日目のハプニング

今日は、小雨混じりの肌寒い一日となった。で、庁舎では、
熱海市議会12月定例会の本会議第2日目が開会された。各派代表による
議案に対する質疑及び一般質問が始まった。今朝は、開会時間の
午前9時30分を前に、愛犬ふ〜と、熱海港芝生広場周辺を散歩する。いつものように、

熱海港海釣り施設駐車場に車を止める。ここの指定管理を受けている、
NPO法人の市民スタッフから呼び止められる。
ー熱海市が宿泊客で満タンとなり、基幹産業がフル稼働する正月3が日、
海釣り施設は休業するんですが、これでいいのでしょうかー、

聞けば、所管の観光施設課が3が日の営業を止めている訳ではなく、
NPO代表者の判断だとスタッフは眉をひそめた。確かに官庁は休息日だが、
民間は稼ぎ時。海釣りファンの多い熱海港である。スタッフの懸念も頷ける。ただ、
実際のところ、どのような営業方針で3が日休業するのか、推測でものは云えず、
スタッフの了解のもと、庁舎に話しを持ち込み、所管職員から
事情を聞いた上で、当局の見解を届けることで了解を求めた。さて、

今日の本会議2日目、議場の老朽化した暖房で上半身は温かく、
腰から下は冷気が漂うという2重構造の元、議席からは
クシャミが何度となく飛び出した。この影響かどうか定かではないが、
最高齢ベテラン議員の質問時間にハプニングが起きた。
当局のすれ違う答弁に業を煮やしたのか、席を立っての口撃が続き、
再質問の回数を超えたところで、休会となる。結局、
即、開会されたが、もったいなくも、質問時間半ばでチェンジとなった。また、

それに先立ち、市長の報酬が県会議員よりも少ないことに異議を唱えたのが、
稲村千尋議員。報酬審議会答申に迎合した形の特別職の報酬のあり方に、
不信感を募らせ、齊藤市長に詰め寄った。等々、2日目の本会議、一時ではあったが、
ベテラン議員の登壇で、思わぬ形で冷気を払いのけ、白熱した場面を作り出した。
明日は小生の登壇日である。どこまで、質問の趣旨を汲んだ答えを頂けるのか、
今日の教訓をもって、あくまで冷静に当局に迫りたいものである。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑