Today's Kenzo

Published on 7月 20th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海駅前広場整備事業の一環、桃山ガード出口トイレの閉鎖、解体と仮設トイレの候補地について

ユックリと変則的な動きの台風6号。四国から東海、関東へと舵を切り、
熱海温泉への影響も懸念されたが、運良く海上に反れるようだ。に、しても、
地震に津波、台風と、日本列島を次から次へこれでもかと、
自然災害が襲いかかってくる。大災害が起きる前兆か、はたまた、
バラ色の日本誕生を前にした試練なのかは、神のみぞ知る。って、とこか。

今朝はなでしこジャパンの偉業をテレビでタップリ見た後、
台風一過を待つ熱海港芝生広場へと向かう。海上は余り時化ておらず、
テトラや海岸線を打つ波に勢いは感じられなかった。それでも、
雨は落ちており、愛犬ふ〜は、車から出て直ぐに足を止めた。
ふ〜を助手席に入れて、一人で芝生を一周する。その間20分、
釣り客は勿論、施設関係者、港湾工事関係者、散歩する人等々を含め、
誰とも出会わなかった。愛犬ふ〜を事務所で下ろし、上多賀に向かった。

佐藤モータースとトンカツのKOIDEさんを訪問する。
内容は後日ということで、今日のテーマは駅前公衆トイレ閉鎖について。昨晩、
高橋弘会長(万葉倶楽部)から電話が入った。
熱海駅前公衆トイレの閉鎖についての苦情だった。
ー中国人はトイレを我慢するが、日本人はトイレが近い。
桃山ガード出口にある公衆トイレを閉鎖したことで、駅の乗降客から
不満の声が上がっているが、市の対応はーとの、代弁に、今日は

上多賀から控室に入り、所管課であるまち、
菊池まちづくり課課長に話しを通し、文書で一次回答を受け取った。




「熱海駅前公衆トイレ閉鎖の経緯について」
・現在、熱海駅前広場整備事業の一環の中で、
広場を横断している道路を伊東線ホーム側に付け替えるために、
桃山ガード出口左側の公衆用トイレを6月下旬で閉鎖致しました。
今後は解体の予定でおります。また、工事中は、

第一ビル管理組合と協議のうえ、第一ビルのトイレを利用して頂くべく、
案内をしておりますが、しかし、ご指摘のように、
案内が不十分との意見も頂戴しています。しかし、
駅前広場整備事業を計画する中で、公衆トイレの必要性については
市民協議会の中でも議題として上がっておりましたが、
JRの駅デパート立て替えの中で設置を要望していくことで、
一定の理解を得たものと考えております。また、

工事中の仮設トイレ設置につきましては、一部の方から
要望が出ていることは承知しております。この件につきましては

7月27日の市民協議会の中で議題として協議して行きたいと思います。

仮設トイレの設置に伴う問題点、場所等について
意見交換を行いたいと考えています。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑