咲見町町内会の日帰りバス旅行..." /> 鎌倉鶴岡八幡宮と江ノ島神社をバス旅行 | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 11月 18th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

鎌倉鶴岡八幡宮と江ノ島神社をバス旅行

今日は、朝から咲見町町内会の日帰りバス旅行に参加する。この
親睦バス旅行は毎年恒例行事となっており、
おししい昼飯、をテーマに、日帰りできるコースを町内会役員が選定する。
今年は、鎌倉鶴岡八幡宮周辺を散策し、昼食は、
三浦三崎「たちばな」にて、
マグロ食べ尽くしコースを堪能した後、港内にある、
うらり三崎フィッシャリーナ・ウオーブにて特産品を選び、帰りに、
リニューアルされた江ノ島見物という行程が組まれた。
小生の住居は、熱海駅から銀座町方面に向かって、
徒歩で7〜8分の所にある咲見町に属している。早いもので、下多賀中野から、
この地に転居してから既に28年が経過しているが、
町内のバス旅行に参加したのは今日が初めてである。今年は、
町内の敬老会には訪中が重なって参加できなかった事もあり、
町内の皆さんに存在が忘れられないという事も然ることながら、
例年参加している愚妻から、親睦旅行は熱海にとっても参考になる。と、
観光地として学ぶべき商売のあり方を確かめる意味もあった。
バス旅行には総勢30名が参加し、小生は、熱海後楽園の同期生で、
現在町内のマンション管理人を勤める、ゴトウさんと、
ゴトウさんのマンションの住人、モトオカさんが座る最後部に腰を下ろす。
車内では、モトオカさんから市政に関する厳しい質問も飛ぶなど、
参考となるご意見をありがたく拝聴する等して親睦を深めた。
鎌倉八幡に到着したのが、午前9時30分。既に修学旅行生を始め、
鎌倉鶴岡八幡宮
モトオカさん(左)とゴトウさん
境内の美観
多くの修学旅行生が参拝
モトオカさんと
多くの来観者が詰めかけており、歴史と文化に裏打ちされた神社仏閣が、
ツアーの観光コースに組み込まれ、行政と市民が一体となった
まちづくりのもと、盤石な観光資源として存在していた。熱海にも、
伊豆山神社や来宮神社等歴史においては、引けを取らない神社仏閣はある。
来宮神社は樹齢2000年の大楠を拝観する観光ツアーに目立っているが、
鎌倉幕府と縁の深い「伊豆山神社」を観光の目玉としてリニューアルし、
ご利益を目玉に、観光地熱海の再生に繋げれないものか、
一度、伊豆山を面白くする会のメンバーに話しを持ちかけてみたいもの。
鎌倉鶴岡八幡宮の鳩サブレーに匹敵するような、銘菓の創作を、
熱海に数ある菓子業界の方々と研究開発するなど、方法はある筈だ。
ここまでが、鎌倉鶴岡八幡宮を散策して気づいたことである。
明日は、三浦三崎と江ノ島神社に関して報告したい。(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑