Today's Kenzo no image

Published on 2月 9th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

熱海市庁舎、ある駐車場係の退職と寂寥の感

熱海市庁舎を訪問された方々には、
一度はお目にかかったり、話を交わされた人も多いと思うのだが、
松井喜徳郎さん(駐車場係)が、
来月いっぱいで退職することとなった。
s-DSC00820.jpg
松井さんは、
昭和18年1月に東京で生まれというから、
今年で満65歳を迎えたことになる。
熱海市と縁ができたのは、
今から30年前に遡る1980年のこと。
当時所属していた綜合警備保障から、
系列の「東海綜合警備」に派遣され、委託先の熱海市に1年間勤務、
その後「東海総合警備」に欠員が出たことで、以来、
熱海市庁舎駐車場係を13年間担当してきた。
この間、礼儀正しく親切が評判となり、
熱海市庁舎玄関先の案内人として、各方面から注目されてきた。
本人曰く。ありがたいことに、
引き続き残ってほしいとの要請もあったのだが、
自身の高齢化が進み、階段を上るのもつらくなっており、
長年お世話になった「熱海市」に迷惑をかける訳にはいかない。と、
潔く後進に道を譲りたい。と、胸の内を語ってくれた。
新旧交代は世の常ではあるのだが、
”あったかい存在感”に慣れ親しんできた者にとっては、
何とも寂しい限りである。
この松井氏には、庁内で漏れ聞こえてくる職員に纏わる情報の真相について、
直撃してみたことも何度かあるが、
秘守義務を全うしているのか、固く閉じた口を抉じ開けるには至らなかった。
ただ、一点、
職員採用問題を追及してきた小生に対しては、
新人職員の不謹慎な腰かけ就職や、
熱海市振興公社”長期勤務職員”に対する事例を紐解き、
熱海市内の雇用悪化を引き合いに出し、
柔和な顔に憤りの色を浮かべて、改善できないものかと迫られるなど、
正義感の強い人物でもあった。
今はただ、ごくろうさまでした。というより、言葉が見つからない。
さて、
昨日から明日まで3日間の予定で、
北海道釧路から親友「伊木茂樹」氏が熱海入りしている。
かれこれ48年間のお付き合いだが、
ここ2~3年は熱海に来る回数が増えている。
釧路石炭は、
太平洋炭鉱(興発)の石炭販売会社として
50年以上続く老舗の燃料会社で、
釧路市内だけでなく、
札幌近郊にもガソリンスタンドを展開しており、
系列の石油元売り会社との商談等、年間を通して上京する回数は多い。
家族は4人。伊木ご夫妻と二人の娘さんがいるが、
それぞれ結婚して首都圏に住居を構えている。
会社の出張を利用しては、親娘の絆も深めているが、
前より増して、熱海温泉に足を伸ばし、
温泉にゴルフに旨い食事と、心身にエネルギーを充電して帰って行く。
将来的には、熱海市を終の棲家とさせるべく目的で、
相模湾が俯瞰できる、西熱海ゴルフ場を利用しているのだが、
今日も、
釧路でもブログを見ている仲間が多い。
この不況時に仕事も疎かにゴルフに興じていると誤解されるので、
載せないでほしいと、いつも拒否反応を見せるのだが、
どうしてどうして、写真からは、
”悔しかったらお前たちも熱海においで”という、力強いメッセージが放たれている。
           (鈴木三郎氏と伊木茂樹氏)
s-DSC010290.jpg
s-DSC010301.jpg
s-DSC010322.jpg
夕食は、
「すぎ山」の焼き鳥を皮切りに、
食事処「ひさ花」のもつ鍋を注文して、お腹が膨らんだところで、
鈴木氏と別れて、
中央町のスナック「グレーース」へと梯子する。
言わずと知れた、熱海は観光地である。
釧路から一人の友人が来ただけで、財布の紐が開き、
少なからず市内経済振興に貢献できるのである。
愛鳥「る~」をパートナーにブログアップしつつ、
s-CIMG64400.jpg
160人以上在籍する、
熱海市職員の市外通勤者がもし、毎日誰か一人づつでも、
誘客してくれるだけで、
市内経済にどれだけ潤いを与えられるのか、
小生の場合を物差しにして計算してみた。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑