Today's Kenzo no image

Published on 1月 21st, 2009 | by ken@jyohou.com

0

第44代アメリカ大統領誕生、希望と感動のスピーチ

「観光福祉委員会」の行政視察は、
昨日の福岡市役所、今日お邪魔した、
熱海市と姉妹提携を結ぶ、
「別府市役所」及び立命館アジア太平洋大学を訪問しピリオドを打った。
視察研修では、
熱海市が直面している、ゴミの有料化問題と、
国際交流のまちづくりへ、
外国人留学生の受け入れによる、
経済波及効果等についての意見交換を行い、
先駆者の経験と成果についての貴重な情報を入手でき、
橋本委員長以下、井沢副委員長、
田中、藤曲、小森の各委員と小生の6人の常任委員会メンバーと、
日程やその他の手配を完璧にこなした、
山口事務局職員を含む一行7人は、
熱海再生へのヒントを土産に明日、帰熱する。
内容その他については、
明日以降、タイミングを見計らいご紹介したい。
 (写真下5枚は福岡市役所と役所からの市内外観と今朝の博多駅2番線構内)
s-DSC006960.jpg
s-DSC00698.jpg
s-DSC007013.jpg
s-DSC007034.jpg
s-DSC007145.jpg
                   (別府駅前)
s-DSC007186.jpg
          (立命館アジア太平洋大学応接室にて)
s-DSC007367.jpg
さて、昨夜は世界中が注目した、
オバマ氏のアメリカ大統領就任式を見たさに、
早めに宿泊先のホテルに戻り、室内のテレビに釘付けになりながら、
就任演説を今か今かと待ち望んでいた。
思えば、昨年の「北京オリンピック」開会式も、、
墓参と母校の同窓会に出席するため、
北海道釧路市内のビジネスホテルにて、
深夜から朝方にかけて、目をこすりながらテレビの画面と格闘しており
偶然にも、世界的なビッグイベントを、
北と南と地域こそ対照的だが、
何れもホテルの一室で感動を味わうこととなった。
オバマ新大統領は、
経済的な困難に直面する厳しい現実を主張した上で、
吾々は必ず克服できるだろうとスピーチし、
パレードを埋め尽くした200万人もの人たちが、
直接投票して誕生させた”自分たちの”大統領の言葉に酔いしれ、
希望と期待に夢ふくらませる姿を映し出した。
また、ネットから就任に関するニュースを拾えば、
第44代大統領就任演説の原稿を共同執筆したのは、
23歳でオバマ氏のライターに抜擢された、現在若干27歳青年で、
その出会いが、
4年前の民主党大会での
オバマ氏の演説原稿の誤りを指摘したことだ。と、あった。
図抜けた、選択視であり決断力である。
新聞によれば、
就任式だけでも2千億円以上の経済波及効果とか。
難局に船出したばかりのカリスマ”新アメリカ大統領”だが、
就任演説からも、そのカリスマパワーは、
テレビの液晶画面を突き破って
感情移入して観ていた者にも希望のエネルギーを与えた。

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑