ニュービジネス発案 no image

Published on 9月 7th, 2005 | by ken@jyohou.com

0

「モンゴリアンチョップ」的視点

格闘技「プライド」の高田延彦さんの
ジンギスカン専門店が
東京品川の「田町」にある。
その名も、『モンゴリアン・チョップ
この店に、連れて行って頂いたのが、
「離れの宿・・ほのか」の外久保宏一社長。
現在のところ、外久保氏の住まいは品川。
奥さんのお子さん二人を残し熱海には単独赴任。
熱海に定住すべく西山町の近隣を
中心に家探しをしている。
今日はご家族を迎えに東京へ。
小生も上京しており、帰りは品川駅からと電話連絡。
「ジンギスカン好きですか」と、
同郷の小生に、帰る前の食事を勧める。
それが、「モンゴリアンチョップ」田町店。
田町駅から直線で徒歩約6分。
飲食店が並ぶ一角に、その店はあった。
カウンター7席、テーブル4卓は既に満席。
外の待合席以外にも待機する客多数。
派手な看板にダクトから立ち上る焼き煙。
勢いのある演出、待つこと何と30分。
       (外久保社長の奥さん「恵里」さんと長女「妃舞」(ひらり)ちゃん)
s-CIMG6273.jpg
燃料は炭、鉄鍋を載せ熱が伝わったところで、
モヤシをドッサリ。モヤシが煮えた頃合で、
肉を載せ、特製タレにつける。
柔らかく実にウマいのである。
これに生ビールとキムチのコンビで上機嫌。
「ラム肉には脂肪分を燃焼させダイエットに効果抜群、
コレステロールもほとんど含まないから、
いくら食べても大丈夫」と、
小生に、外久保社長はややせり出した
お腹辺りをパンパンと叩き勧める。
単なるジンギスカン料理に、
野菜もタップリ、安い、旨い、ヘルシーと、
現代女性の願望を満たし、
格闘技世代の食文化を誘導する、
視点とネーミング。
今ある飲食店に各界の流行ブランドを組み合わせ、
ネーミングと店舗設計、
営業形態を少し手直しすると、
全く新しいビジネスが誕生するのである。
この高田ブランドから、
熱海再生への食文化誕生のヒントは多い。
       (写真は理恵さん妃舞ちゃん、長男「泰成」君)
s-CIMG6275.jpg
熱海市内の飲食店関係者に、
是非一度お勧めしたいと思います。
場所は、
『モンゴリアン・チョップ』田町店
田町駅下車(慶応仲通り沿い)
営業時間:17:30~24:00(L.O)
 定休日 日曜日(祝日は営業)
電話番号:03-5444-2941

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑