熱海市長選に現職の齊藤栄氏が5選に向けて事務所開き。

先日*20日*、
熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に
立候補を表明していた、
無所属の現職、
齋藤栄氏(59)の事務所開きが
清水町で行われた。

また、
事務所開きには、

齊藤氏の支持者が集まり
5選に向け、
結束することを誓った。

齋藤氏は、

4期目の2年目に拡大した新型コロナウイルス禍、
3年目に起こった
伊豆山土石流災害を踏まえ、

これらの対応を優先しなければならず、

4期目の公約に掲げた
『熱海2030ビジョン』推進、
宿泊税の導入は道半ばとなったが、
これを果たすために立候補を決意した。

土石流災害は私の任期中のことであり、
伊豆山の復興と私の使命であり、責務。

過去に経験したことのない困難を乗り越え、
熱海の新たな発展に全力を注ぐ。と決意を語った。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top