熱海市長選、JC主催の公開討論会。YouTubeで公開!

26日夜、
熱海青年会議所(JC)が主催した、
9月4日告示、11日投開票の、
熱海市長選の
立候補予定者による公開討論会には、

現職の斉藤栄氏(59)と
新人で市議の泉明寺みずほ氏(51)が出席し、
立候補に向けての
各々が自論を展開した。

両候補の共通認識として、
伊豆山土石流被害地区の
復旧復興や経済政策などを始めとして、
それぞれの候補者による、
持論を展開された。

これら短期的重要施策を頭に、
斉藤氏は
*伊豆山土石流災害*に関しては、

自分の任期中に起きた災害であり、
復興は自分の責務であると強調。

現在策定中の復興計画には
住民の声を最大限反映し、
河川、道路、被災者向け住宅などを整備し、
被災者の見守り・相談支援にも
力を入れるとした。一方の、

泉明寺氏は市民との「対話」を重視し、
有識者の意見も積極的に活用すると述べ、
任期中に
岸谷地区の都市インフラを復旧するとともに
「環境の先進地にしていきたい」とし、

地域経済の活性化については、
斉藤氏は
観光インフラへの投資を持続するために
宿泊税を導入し、
社会課題を解決する
ベンチャー企業の誘致も目指すと訴えた。

対する泉明寺氏は、
エビデンス(根拠)に基づいた誘客推進及び、
買い物弱者を支援するための
オンデマンド交通の導入支援などを掲げた。

このほか斉藤氏は
福祉分野の垣根を取り払う仕組みづくりを強調。
泉明寺氏は
女性活躍社会の実現や就学前を含めた
教育の充実を目指ことを主張した。

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top