アンリミテッドのPPAによるカーポート”太陽光導入システム”を検証する。

さて、昨日の続きである。

それではなぜ、
そんなに急いで今年から
太陽光を
導入する必要があるか

それは今年から
電気代が
大幅に上がるからである。

①値上がりする燃料調整費

余り気づかずに支払っている
燃料調整費、
昨年までは
実質マイナス単価/kwhのため
電気料金から値引きされていましたが
今年の2月より
プラス単価になり
実質電気料金値上げに転じ始めました。

2021年の1月と比較すると約
5円/kwh上がっております。

②2040年まで続く再生エネルギー賦課金

2021年に0.22円/kwhでスタートし
電気料金の負担増になっている
再生エネルギー賦課金。

年々上がり、
昨年は3.36円/kwhに上がっており、
毎年、
平均17%ぐらいの上昇を続けており、
電気代に
大きな負担となっております。

結果、
昨年と同量の電気量を使っても
値上がりしてしまうといことです。

これに対して

最良の取り組みが
PPA導入モデルを活用した
太陽光の
自家消費モデルです。

自分の会社の駐車場があれば
すぐに
どのくらいメリットがあるか。
シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

■概算のシミュレーショするのに必要な資料

1.12か月分の電気料金明細書
(内訳と単価が記載されているもの)
2.お客様の企業情報、設置先住所

■PPA導入モデルの注意事項

1.申込時にPPA事業者独自の審査がございます。
2.法人又は個人事業主が対象になります。
※個人の方は現在準備中
3.契約期間は20年になります。終了後はお客様へ無償譲渡

詳しくは、

初期費用ゼロ円!カーポート太陽光(ソーラーパネル)のお取り扱い開始!

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top