熱海市議会9月定例会で発議された、”百条委員会設置”反対に関する回答。

先日の、

本会議直前に頂いた
メールの関しては御礼を申し上げまし。

ただ、

私としては、

被災者の会の皆さんが
熱海署に
告訴状を提出し受理されましたので、
今後、
事件の真贋を見極める前に、
当局を攻撃する事については、
少し早いと思っています。
この重大な人災事故に対して、

これまで、

熱海市及び市議会議員に
認識に甘さがあったのは否めませんが、

ただ

あの伊豆山土石流被害に遭われた場所は、

地元出身の
議員さんの地元でもあり、

また、過去においては、

不法投棄者に対しては、
議会において、
名指して攻撃してきた私としても、

前回落選したことや、
今回、
伊豆山地区のあの場所が、
土石流による崩落事故が発生し、
人災事故が起きるなどとは、
全く持って、
気が付かなかったこともありますが、
何れにしろ、
橋本議員の提案に対しては、
無謀な開発行為を行ったとされる、
当該者2名は、
土石流災害が発生した後、
一切
姿を見せないままであり、
また、
被災者の会の皆さんが、

熱海警察署に提出した、
告訴状が
受理されたこともあり、

小生としては、

今定例会では、

裁判の成り行きを見守る方針であり、
今回は、
橋本議員の動議に対しては、
賛成しませんでした。
また、

熱海市議会9月定例会でも、
斉藤市長の
答弁にあるように、

被災者に対するリカバリーについては、

熱海市も既に
取り組んでいるとの回答も得ていますので、
私の立場としては
今定例会では

被災者の皆さん方や

地元選出議員の動向に注目しながら
次回の、

本会議を待っているところです。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top