熱海市議会議員全員が招集。11月議会提出予定案件説明他、各派代表者会議開催で人事院勧告の議員期末手当他会提案同意。

昨日は午後1時30分より、
熱海市議会議員全員が招集され、

令和311月開催の
海市議臨時会提出予定件、

○報告第23号
専決処分の報告につい
(交通事故に係る損害賠償の額の決定及び和解について)
○報告第24号
専決処分の報告につい
(交通事故に係る損害賠償の額の決定及び和解について)
○報告第25号
専決処分の報告につい
(交通事故に係る損害賠償の額の決定及び和解について)
○報告第26号
専決処分の報告につい
(交通事故に係る損害賠償の額の決定及び和解について)
○報告27
決処認につい
年度熱海市一補正予算)

当局案として示された後、
全員説明会終了後、
議長応接室において、 
越村議長から、

協議事
である、
(1人事院勧告に伴う
議員期末手当の改定につい
て及び
その他が提案された。

先ず、

子だが、

本年の与勧告の
月例は改定
0.15月分

I 給与勧制度基本考え

勧告
働基本権制の代措置して、
公務に対
正な給を確する
能を有るもであり、
能率的行政営を維する上の基

公務給与水準は、
・雇情勢を反映し
労使渉等によって決され
民間
給与水に準して
定めること最も理的

II 民間給との較にづく給改定
給与の比

11,800事業所の
45の個別給与を調査了率82.7

務と間の4月分の給調し、

給与決要素ある役職段階、
務地域
学歴
年齢を同じくすを比

給与の較 190.00
〔行政俸給表()適用職員…
行給与 407,153円、平年齢 43.0

<ボー
昨年8月から本7月での
1年間
民間支給実績(支給合)と
務の年の支月数を比

の支 4.32
公務支給月 4.45月〕

改定内容と考

民間給との差が極めて小さ
表及び手当の
切な定が困難であるとから
月例給改定行わない
<ボー
民間の給割との均衡を図る
4.45月分→4.30
民間の給状等を踏まえ、
手当支給月に反
(一の職員の場合の給月数)

6月
12 令和3
末手 勉手当は、

1.275(支
0.95 (支
1.125(現1.275
0.95 (改なし

末手 勉手
1.20
0.95
1.20
0.95

〔実施
法律の日とすることが、
全会一致で決定した。

(写真は前日の議会運営委員会です)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top