二階幹事長(自民党)熱海入り。(被災者が元の生活に戻れ、観光が復興するように、党として、政府としてやれることは全てやる。予算的にも十分対応し、ハード、ソフト両面で実行させていただく)

熱海市は昨日午後4時、
台風10号の接近にともない、
伊豆山浜地区、岸谷地区、
仲道地区に避難指示を発令しました。

避難場所は、

○浜地区はホテルニューさがみや、
○岸谷地区は熱海リフレッシュセンター、
大江戸温泉ホテル水葉亭、
仲道地区はハートピア熱海。

さて

去る6日に、

二階幹事長(自民党国土強靭化推進本部長)が
熱海入りし、

党国土強靭化推進本部の
林幹雄本部長代行(衆院議員)、
佐藤信秋本部長代理(参院議員)、
今村雅弘副本部長(参院議員)と
勝俣孝明衆院議員等とともに、

被災した伊豆山地区の
災害現場や
被災者が避難生活を送るホテルを視察した。

詳細を熱海ネット新聞から抜粋すると、

二階幹事長は視察後に、
熱海市役所において、

齋藤栄市長およびホテル旅館関係者を交え、
被災者の生活再建に向けた支援や
風評被害と
コロナ禍でダブルの打撃を受ける
観光業の
誘客対策について要望を聞き取った。

二階幹事長は

我々は単に視察に来たのではなく、
皆さんのことを
本気で助けるために来たと話し、

意見を求めた。

市長は、
被災者の生活再現が最重要課題
土石流に襲われた
逢初川流域の復旧復興に
国の支援を賜りたいと要望した。

森田金清理事長(熱海温泉ホテル旅館協同組合)は
②伊豆山地区は
見ていただいたように大変な状況。
ああいう光景が毎日、
テレビに流れ、
熱海にいらっしゃるお客様が激減している。

打開策としてコロナ収束後に
観光地復興枠で
GoToトラベルの割引率の上乗せや、
静岡県が
県民を対象に実施している
地域クーポンの対象を
首都圏にも拡大するなどの
国の支援を要望した

中川勝仁伊豆山温泉旅館組合長は、

③被災地の加盟施設は7施設。
建物本体には被害がなかったが、
現在営業しているのは3施設。
残りの4施設は被災現場の景観、
道路事情、温泉施設、水道などの影響で
本稼働できない状況にある。

伊豆山温泉の源泉は道後温泉、
有馬温泉とともに
日本三大古泉で知られる走り湯。

地域の宝である源泉が被災し、
あらゆる面で影響が出ている。
源泉の復旧支援とともに、
風評被害の払拭が急務と訴えた。

二階幹事長は

全国的に有名な熱海が復興することは
非常に大切なこと。

被災者が元の生活に戻れ、
観光が復興するように、

党として、政府としてやれることは全てやる

予算的にも十分対応し、
ハード、ソフト両面で
実行させていただく。と述べ、

熱海市の復興復旧に力強いメッセージを発した。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top