高橋弘氏(万葉倶楽部会長)。郷土伊豆山の復興復旧と土石流災害の徹底究明を求め被災地に日参!

先日、

高橋弘氏(万葉倶楽部会長)が
中央町の事務所を訪れた。

高橋会長は、
今回の土石流が発生した
伊豆山の出身であり、
現在は、

熱海ホテル旅館協同組合理事として、
観光業界を
代表する存在でもある。
また、

昭和34年に起業した
日本ジャンボー(万葉倶楽部の前身)の
発祥の地でもある、

流れ込んだ土石流で交通止めとなった
伊豆山愛染橋135号線沿いには
所有するマンションもあり、

それだけに、

土石流が発生した当初から、
現在住まいのある、
小田原市から被災地に日参して、

被災現場から
可能な限りの限りの写真を
自身のfacebookにあげて、
被災者の安否を気遣う一方で、
被災者収容ホテルに、
支援物資を届けるなどして、
郷土愛を示している。

静岡県と熱海市に対しては、

人災の可能性が強くなってきた、
災害原因の
徹底究明を求めるコメントも、
連日アップしている。

さて、昨日21日、

災害対策本部からは、

前日に遺体で見つかった
身元に関して、
坂本玲子さんと発表した。

これで

安否のわからない人は8人に。
また、
これまでに土石流災害で
亡くなった19人全員の身元が判明した。

その他昨日も、

熱海市に住む成人女性の
144例目の、
新型コロナウイルス感染を確認、
感染経路は不明。
この人の濃厚接触者はいないという。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top