熱海市災害対策本部が今日から、伊豆山土石流被災者及び地域住民に対する生活再建に向けた説明会開催。

テレビの報道から、

昨日の東京都における
新型コロナウイルスの感染者数が
3000人をオーバーし、
国内トータルでも9000人超と
過去最多を記録し、

神奈川、千葉、埼玉の首都3県も
過去最多を更新したことで、
政府は、
緊急事態宣言発出宣言の
検討に入ることを知り、

また昨日の

静岡県内の新規感染者も
120人と、
過去3番目の多さとなり、
感染が急拡大していること、
及び、
議会事務局からも、

熱海市でも152例目となる
高齢でない
成人の感染が確認され、
感染経路は
県内陽性者との濃厚接触で、
この人の
濃厚接触者はいないとの報告と、

熱海市災害対策本部からは、

以下の日程、会場、内容で
住民説明会を実施するとの連絡も。

住民説明会の開催日程

<岸谷町内会の皆様>
〇日 時  令和3年7月29日(木) 13時00分~ 
〇場 所  熱海リフレッシュセンター

<仲道町内会の皆様>
〇日 時  令和3年7月29日(木) 15時00分~
〇場 所  仲道公民館

<浜町内会の皆様>
〇日 時  令和3年7月29日(木) 18時00分~
〇場 所  浜会館

<金城館へ避難されている皆様>
〇日 時  令和3年7月30日(金) 15時00分~
〇場 所  金城館 9階「レストラン虹」

<ウオミサキホテルへ避難されている皆様>
〇日 時  令和3年7月31日(土) 15時00分~
〇場 所  ウオミサキホテル 10階「ラベイ」

<内 容>
〇生活再建に向けた生活支援策等について
・ライフラインについて
・り災証明等について
・住宅の準備状況等について
・生活必需品について
・生活再建における意向のお伺いについて
・その他

さて、

伊豆山土石流災害の原因について、
メディアの報道からは、
日を追うごとに、
人災の疑いが浮き彫りとなっているが、

9月定例会を前に、

熱海市災害対策本部と上記、
住民説明会において、
被災者から、
熱海市に対してどのような
説明が求められるのか耳を傾けたい。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top