熱海市伊豆山土石流出被害甚大化と民間の開発行為に因果関係はあるのか。(静岡県知事調査指示)

熱海市伊豆山の
土石流による災害について、

川勝静岡県知事は、

土石流の起点について、
上流の起点の周辺では、
幅約100メートル、
長さ約100メートルにわたって、
深さが
10メートル程度崩れており、
 
また、

周辺には開発行為による盛り土があり、
土石流との
因果関係はわかっていないが、
県は
この盛り土がすべて流れ出ていて、
土石流による被害を
甚大化させた可能性があるとし、


また、

流れ出た土砂の総量は
10万立方メートルと推定、
土石流の起点について、
県は今日5日から、
24時間体制で
監視を行う方針を示した。

川勝知事の発表を前に、

小生の携帯に、
N○K放送局、共○通信、○日新聞など
複数の報道機関から、
問い合わせがあり、
今日、
その内容に照らし合わせて、
熱海市の
所管課に問い合わせる予定です。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top