熱海市議会6月定例会本会議3日目登壇用『通告書』(村山憲三)

ブルネイ滞在中の、
池田修一氏( 熱海ブルネイ錦鯉振興協会)は
一昨日、
2週間の拘束期間を終え、
PCR検査もパスした後、
滞在先のブルネイ7つ星ホテルの一つ、
エンパイヤホテルから、
宿泊先を、
大河内博氏の自宅に変更し、

昨日から大河内氏と共に、
政府関係者への
挨拶回りを開始しました。

詳細は後日として、

先ずは、

小生の
熱海市議会本会議3日目の
登壇日を前にして、
当局に提出した
議案に対する質疑並びに
一般質問を掲載いたします。

・・・・
議案から、

①第32号エコプラント姫の沢
ゴミ焼却炉施設図随意契約工事費
2億1千万円に関して。

これまでの焼却炉の導入総額と
年間維持費総額。
現在のプラントの今後の耐用年数と
予想維持費について伺います。

  • 一般質問

①熱海フォーラム建設計画を白紙撤回して、
上宿市有地に
複合的な公有地開発で
新たに
企業誘致できないか伺います。

②今後、

ホテル旅館等の年間宿泊数
300万人回復まで
何年かかると推測するか、また、

回復するまでに
どのような経済対策を持って
少子高齢化に
歯止めを打つのかについて、

市長及び両副市長に伺います。

③元消防署員の逮捕不祥事を踏まえ、
これまで指摘してきた
若手署員に対するパワハラ問題等を含め、

今後、

消防署員に対する綱紀粛正の可視化と
近代化への対策について、
植田消防長に伺います。

(つづく)

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top