熱海市議会2月定例会において質す、”事業用ドローン”採用提案に対する実証実験を行いました。

昨日も午前中から
議員控室において本会議の
通告書に対する、
趣旨と真意、再質問に対する
意向について、
各所管課職員さんと
意見交換を行い、

午後から、

沼津東部自動車学校社長と、
ドローン専任講師をお招きし、

今回、本会議で問う、

ドローンの活用について、

消防署を始めとする、
各所管課で不可欠となる、

”業務用ドローン”の実証実験を、

消防署本部、公園緑地課、
スポーツ振興課及び、
個人的にもドローンに詳しい、
観光部長を、
市民グランド(上多賀野球場)にて
行いました。

高度、範囲、騒音、迅速性等など、

短い時間でしたが、
その利用価値について、
各所管課職員さんにとっては、
かなり有意義な
実証実験だったと思われました。





特に、

公園緑地課さんからは、
ドローンを活用したい案件について、
明日までに、
レポートを頂けると、
嬉しい反応がありました。

さて、

そんな中、今日も、

熱海市に住む高齢でない
成人男性の
新型コロナウイルス感染確認が、
議会事務局からの
メールで判明いたしました、

これで、

熱海市では110例目となりました。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top