今日と明日の2日間、各会派議員によるコロナ渦における論戦に期待感も。(熱海市議会2月定例会)

昨日は朝から夜まで、
寒い一日でした。
昼は、
家業のラーメン屋を手伝い、
夜は、
中央町の事務所にて、

明日から始まる本会議に向けて、
地元紙に掲載された、
各派代表議員の
本会議における
通告内容に目を通し、

小生の質問とダブる項目を
拾ってみました。

先ず、

副市長の二人体制については、

赤尾議員が、
ー副市長2人体制について
副市長を2人体制にする必要性は如何に。

米山議員からは、

ー今回、副市長を1名追加して
2名体制にしようとしている。

人件費はいくら
追加計上されているのか示して。
また、
4年1期務めた場合の
退職金はいくらになるのか。

議案第17号熱海市副市長定数条例の
一部を改正する条例について

①1人では業務をこなす能力が
限界に達しているのか、副市長自身に尋ねる。

②「部署横断の課題が多い」というが、
金井副市長が就任して以来
取り組んできた業務と、
その結果を
副市長自身に尋ねる。

③行政執行において
市長と副市長の
関係がよくないのではないか。

④副市長の大切な業務に、
市長と部長以下職員の間に入り、
施策遂行のための
潤滑油的役目がある。
その役目を果たし切れているのか、
副市長自身に尋ねる。

ほぼ小生が質したい内容と
重なる質問ですので、
再質問では、
別の観点から質問することに。

また、ドローンに関しては、

 

後藤議員が、

ー災害時におけるドローン活用について
火災現場等立ち入り
困難場所での対応や被災者の位置確認、
孤立地域への物資の運搬等、
災害時に活用できる
ドローン導入の提案をしたいが、
当局の考えを伺いますー

これもまたダブっていますので、
視点を変えて
質問することにする予定です。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top