• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海方式のPCR検査助成金制度に対する各派代表議員による質問と回答。

熱海方式のPCR検査助成金制度に対する各派代表議員による質問と回答。

日を追うごとに、
全国に拡散している、
新型コロナウイルス感染者数ですが、
熱海市内でも、
感染経路不明の陽性者が
増えてきています。
また、
それに伴い

観光地熱海で
客商売を
生業とする者にとっては、
この厄介な
”疫病神”と戦いながら、
生き残りをかけて、
日夜努力を続けているのですが、

先日、

熱海市が打ち出した
「PCR検査助成制度」によって、
経済活動が
維持できるかについて、

熱海市議会では
各派代表者会議を開いて、

PCR検査助成金制度に対する、
質問を行っていますので、
当局の回答と合わせて、
掲載させていただきます。

1 PCR検査助成制度に関して

Q1 ーひとり一回限りということに疑問ー

⭕まずは
1回目のみ助成する制度として実施し、
2回目以降については
1回目の状況を見て
判断したいと考えています。

⭕また、今後、発生しやすい施設,
発生しにくい施設の傾向も
判明してくると思われるため、
それらの状況を見た上で
判断したいと考えています。

Q2ー2つの病院の検査能力は

40件/日 であり、こなせないのでは

⭕市内の病院からは、
検査数の増加は可能と伺っており、
施策の具体化に伴い
調整を進 める予定です。

⭕また、市内で賄えない場合には、
市外検査機関を
紹介する事も考えています。

Q3−感染者が多数判明した際の
医療体制の確保は

⭕静岡県は、
西部地域で急増する感染者に対し、
入院患者の広域調整や
軽症者療養施設 への
受入を進めつつあり、

これまで設置に向けて
調整を進めてきた西部地域と
東部地域の軽症者療養施設を
速やかな開設を進めています。

感染拡大の状況を踏まえ、

即応病床 300床、準備病床150床の確保
目指しているとのことです。

⭕また、現在、静岡県が
軽症者の
受け入れ施設の確保を
進めているところであります。

Q4−その他の感染症対策について

⭕感染防止対策支援事業として、
マスクや消毒液、
パーテーション等感染予防を
講じる 費用に対し、

補助する制度を検討中です。

Q5.カラオケリース料の補填も
感染症対策メニューに
加えてもらいたいがいかがか。

⭕カラオケリース料については、
別途支給ではなく、
現在制度設計を検討している
感染 防止対策支援事業の中で検討中です。

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment