第2回「熱海国際映画祭」は市民に何を残したのか?

熱海市の醜態を
全国に見せつけた感の強い、

第2回「熱海国際映画祭」が
幕を閉じました。

昨日も、

朝のワイドショー各社が、
熱海国際映画祭に関する、

斉藤市長と髪林考司氏(フォーカス)との、
場外乱闘について
取り上げていましたね。

良く取材してたとは思いますが、
抜けていたのは、

◯誰が何のために、
熱海国際映画祭を決めたのか

◯市税を投入するに当たり、
市議会の審議はあったのか。

◯恐喝をたてに、
市長側弁護士が関係者に送達した、
通告書の内容。他、

この問題の核心を突く、
情報不足は否めなく、
物足りなくもありましたが、

ただ、

別の意味で、

市議会にも諮らず、

熱海国際映画祭開催を

斉藤市長の独断で決めた
責任感や度量について、

各社取材陣の報道からも、
薄っすらと感じ取れ、

今後始まるであろう、
当事者同士の
同士討ちとでもいいますか
告訴合戦を通して
問われることになりますね。

写真はTBSTVビビットより転写

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment