Today's Kenzo

Published on 5月 22nd, 2019 | by ken@jyohou.com

0

第一回熱海国際映画祭の損出(1465万円)の債務不正はない。斉藤市長記者会見。

一昨日の、
市議会全員協議会では、

地元新聞が先行していた、

熱海国際映画祭に関する、
主催者側の
債務不履行に関する
質疑が行われ、

引き続いて、

この問題に不信感を抱く、
各メディアに対して、
庁舎内で記者会見があり、

添付した、

熱海新聞の記事に繋がりました。

小生から見れば、

実行委員会(フォーカス)”に

丸投げ”したことによる、

ジャンケンの
後出しのような、
つじつま合わせに近い、

説明の感は
免れないものの、

全員協議会の場で、

小生は、

斉藤市長に対して、

小生を始め、
多くの市民の反対を押し切り
強行して、
約8億円もの赤字を拠出した、

「熱海花の博覧会」

”施設を残さず、名前を残す”と、

責任逃れした
当時の為政者の迷言を踏まえ、

映画祭の延期や中止”を軸に、

①あなたは、
一昨年12月4日のことを覚えていますが。
②熱海国際映画祭の目的は?

しかし市長は、
残念ながら
覚えていなかったようです。

当初の目標とは
かけ離れていることを指摘し

複数の質問をした後、

①債務に対する市税投入はしない。
②映画祭の全責任は市長にある。

上記2点に対する、
確約を引き出したことで、

第2回以降の
熱海映画祭開催に際しては、
市民の一人として、
また、
観光に携わる一議員として、

熱海の汚点とならないよう、
また、
ビッグイベントとして、
世界発信できるよう、

第一回目に生じた
諸問題を念頭に入れながら、
どのような形で協力できるか、

”災い転じて福となす”よう、

担当所管課を軸に、
検討していく予定ですが、

6月定例会では、
一般質問の中で、

斉藤市長に対して、
この問題を再度取り上げ、

上記に対する案件の
再確認をする予定です。

 

 

 

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑