• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(30) ー 酒屋は割にあわない商売と見切った高校時代の経験 ー

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(30) ー 酒屋は割にあわない商売と見切った高校時代の経験 ー

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝、

”わが人生”その(30)ー(神奈川新聞連載)

・・・・・

1950〜60年代はビール大瓶が
一本120円でした。
一本125円で計算すると
24本で3千円、30箱で9万円です。

粗利益は約10%ですが、
大口客の旅館には
値引きをするので、

粗利は約7%。
30箱で9万円の売上げに対して、

利益はわずか約6300円なのです。

しかも旅館の資金繰りが悪くなると、
「悪いけど、今月の支払はちょっと待ってくれる?」。

掛け売りした代金の支払いを、
当り前の顔で延期されます。

旅館にとって酒店と鮮魚店は
支払の金額が多いので、
これらを先延ばしにしておいて、

その間、

宿泊客から得る現金収入で
経営をやりくりするのです。

しかしわれわれ酒販店も
酒問屋に仕入れ代金を
支払わなければなりません。

問屋は支払を待ってくれませんから、
必死で工面して支払います。

当時の酒販店は

犠牲的精神で
成り立っているような商売でした。

配達の傍ら、
私は高校の商業科で学んだ
簿記や会計の知識を生かし、
帳簿類の記帳を担当しました。

個人のお宅への配達では、
使う伝票の改善もしました。

(つづく)

社員はブルネイ訪問時。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment