• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝。”わが人生”その(31) 

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝。”わが人生”その(31) 

昨日は都内にて美容コンサル、
育毛開発プロデューサーの

久田篤氏と、

友人が経営する
新宿歌舞伎町にある
「ヘアーサロン P」の、
新規育毛部門の展開について、

筑波大名誉教授で
飲む育毛剤を研究雷発する
細川淳一氏と
ヘアーサロン「P」オーナーの
中平行治氏も同席して
提携案を含めて情報交換する。




なにがどうかについては、
今のところ公開できないが、
時が来ればご案内したい。

さて今日も、

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝、
神奈川新聞連載、

”わが人生”その(31)を転載する。

ー1950~60年代は、
旅館や料理店だけでなく、
家庭でも酒類や醤油を
配達してもらうことが一般的でした。

父が静岡県熱海市で営む
髙橋酒店に54年に入った一日は、
注文取りから始まります。

「おはようございます。
何かごようはありませんか」と。

お得意さんに
ご用聞きをして回るのです。

個人のお宅だと
こんな返事が返ってきます。

「そうね、今日はお客様があるから
ビール一ダースもらおうかしら」

その注文を伝票に書き入れます。
こうして何十軒も回って店に戻り、

午後は商品を配達して回ります。
代金は商品と引き換えに
その都度払ってくれる家と、

いわゆる「つけ」で月末に
一括で支払う家とがありました。
(つづく)

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment