熱海駅新幹線待合室、携帯電話置き忘れ騒動記。

昨日は結果的には予定どうり、
水道橋、新富町銀座2件を訪問し、
結果的に万事うまくいったのだが、

新幹線内と熱海駅待合室での、
慌ただしくもお恥ずかし話を少々。

池田修一氏と新幹線待合室で合流し、
出發時間まで時間があったことから
現在進めている、健康延伸事業の
ニューバージョン企画書を開示しつつ、

小生の携帯に入れてある関連情報を
閲覧してもらうなど熱が入り、
出発時間ギリギリにホームに
駆け上がったものの、席に着くなり

携帯電話がないことに気づき、

慌ててグリーン車に移動して
車掌さんに報告した。このこだま、

危険区域内にお客があ立ち入ったとかで

ホームに停車したままだったが、
一度閉じたドアを開けることは叶わず
そのまま出発した。問題は、

携帯の行方である。

出てこない確率70%と半ば諦め
車掌さんに紛失届を提出し熱海駅
新幹線改札口に連絡してもらったところ、

なんと、携帯が届けられていたのである。

ラッキー、の一言である。

小田原駅から熱海駅に戻り無事に戻った
携帯に頬ずりして、一時間遅れで、
東京駅に着いたのである。この間、

冷静に対処していただいた、
池田修一氏に感謝しつつ、

東京駅新幹線構内タイレストランの
ガパオヌードルを食べていただいた。

小生の場合、携帯に殆どの
情報を詰め込んでおり、
紛失することで失うものは大きい。

わかっちゃいるけど、ふと油断すると、
何処に置いたかパニクることは多い。

年のせいにする前に、そろそろ、

首からぶら下げることも考えさせた、
昨日の携帯紛失ハプニングの一コマだった。

また、届けて頂いたのは売店の方で、
帰りにお礼を述べるべく訪ねたものの、
閉店しており次回に対処したい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment