健康夢空間神田末広店訪問

昨日は午前中に上京して
鍋田綋亮氏(野口メディカル)と
神田北口近くの喫茶店でお会いする。

野口メディカルの主力商品、
生体電気測定スキャナーについて、
医療以外での活用方法や
操作できるインストラクターの
育成等について質問した。

鍋田氏の生体電気測定器は
(インピーダンス•スキャナー)とは。

採血採尿の検査なしで、
身体の健康状態を3分で測定する
ロシアで開発された、
次世代の健康測定器なのだ。

それは宇宙飛行士の
健康管理を目的としたロシアの
宇宙開発からスタートしたと
資料とともに説明を受けた。

生体電気測定器のの特徴は、
①額の左右
②両手(手のひら)
③両足(足の裏)

以上6箇所から1,28Vの
微弱電圧により22パターンの
通電を行い全身を測定する。

つまりロシアからアメリカに渡り、
日本では、野口メディカルが
独占販売管理する診断の
補助ツールとして知られている。

それに小生がどのように、
絡んでいくのかについては後日。

この生体電気測定器に関連して、
福谷治雄氏(メディグランデ)に
時間差で同じ喫茶店で待ち合わせ、

その後、銀座線で末広町で下車
池田孝氏(健康夢空間)の事務所にて、
櫻庭寛氏(TAOエンタープライズ)等
各氏とお会いして資料を見せながら、

健康延伸事業関連各社代表等の
知識と今後の対応について、
ご意見をを聞かせて貰った。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment