坂本要氏(佐口会メンバー)の病床を見舞う。

物事に対してあまり、
感情移入しないタチだが、

昨日のオバマ大統領の
広島訪問とメッセージは、

戦後生まれの小生には
為政者の勇気と言葉の重みに
シビレれ感動する一日となった。

他方メディアや世論から
税金の使途を巡るパッシングで、
サンドバック状態になりながらも、

ウィビングやダッキングで
巧みに交わす都政首長の会見を
イラつきながらも見入ってしまった。

ただ、複雑な思惑も絡み合い
このまま逃げ切り判定勝ちとなる、
可能性を想定しながら、

佐口静雄氏と先日入荷した
芽子ニンニクの種を
水耕栽培用トレーに差し込む。

午後からは二人で親睦会メンバー、
坂本要氏の病床を見舞い、持参した

黒ニンニクとお茶のボトルで元気付けた。

現在透析治療を受けているが幸い、
経過は良好で近々、
病院の移転も決まったようだ。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top