ー木材に薬効ありー

昨日と今日の2日間、吉村卓三氏から
来月初旬の静岡市訪問の連絡を受ける。

吉村氏と云えば著名な動物学博士であり、
熱海にリゾートマンションを持つ、
文化人の一人でもある。2ヶ月前には

スカイツリー5階にて、大昆虫展を開催、

これまでに、博物館賞、アジア平和賞を
受賞しており、主な著書 「たまごの不思議」、
「えっ!?パンダは肉が大好きだった」
「世界655種鳥と卵と巣の大図鑑」がる。

静岡にはとある、材木問屋を訪問する。

ー材木は薬と同じーと教えられており、

その木材を使った高齢者住宅について
吉村卓三氏の案内で静岡訪問となる。さて、

昨日午後から、土沢昇氏(PC119番)と
市内にある、とある企業を訪問する。

この会社はカラオケの第一興商に
発言力を持つアミューズメント会社であり、

秋田県能代市(湯◯の宿のしろ)と
新潟県湯沢町(湯◯ホテル)にホテル経営し、

関連会社として横浜市に水素水サーバーや
マッサージチェアをはじめ、健康機器の
レンタル専門会社や太陽光発電システムの
販売など、先端事業を包括的に運営している。

また、昨年は小生がプロデュースした、
「熱海・・・愛ふたたび」
(遠藤邦夫詞・オラッチェ歌)を

第一興商カラオケ挿入歌にして頂くなど、
小生にとっては恩人の一人である。昨日は、

予てより進めている、日本音楽健康協会が
推進する”音楽健康指導士”2級試験の
スケジュール等に関して情報交換をする。

うたと音楽を用いて安全で持続定期な
介護予防生活機能改善を行い、

高齢者の健康寿命延伸を支援するため、
”音楽健康指導士”を育成し、さらに

高齢者の活躍の場を広げるために、
地域高齢者に”音楽健康指導士”の
資格取得を働きかけるもので、この

新システムに不可欠なカラオケ挿入歌の
特に高齢者が口ずさめる、躍動感ある
演歌の作詞作曲が及び歌手の育成に関する
ビジネスチャンスに耳を傾けた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment