• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海市議会自民党会派分裂で議員定数削減に拍車!現状17名から3名減の可能性も!!

熱海市議会自民党会派分裂で議員定数削減に拍車!現状17名から3名減の可能性も!!

午前中控室に3名の来客があった。お一人は
川東幸一氏(食品素材研究所代表)と
宇田勝氏(熱海魚市場組合長・宇田水産)及び
小山観光推進室長のお三方である。テーマは

市内の水産会社や鮮魚店が廃棄しているサカナの
骨や雑魚の再生利用に関する情報交換だった。

分離器にかけ油や水を飛ばしてどうするのか、
それに何を加えればどのようなユニークな商材が
熱海発として全国展開できるか等、サンプルを前に
かなり熱のこもった、実のある話し合となった。

さて、議会の自民党系会派が地殻変動している。
先の梅原議員による会派離脱新会派設立に続いて、
蜷川議員が湖西市から静岡県議選出馬に向けて
近く正式に立候補を表明すると地元新聞が伝えた。

その経緯については熱海ネット新聞や地元紙で
情報収集して頂くとして、果たして蜷川議員は

議員辞職し退路を断つ覚悟で湖西市の県議選に
敢えて挑むのか、或は、藤曲議員の県議選挑戦との
関連性はあるのか。等の他に、この離脱により

熱海市議会の議員定数削減問題加速が期待される。

明後日開催される代表者会議では、この話題を基に
現状17名(1名空白)から最低2名、場合によっては
3名減となる可能性も予想され、4月の市議選に
大きな一石を投じたのはある意味歓迎したい。
川東、宇田、小野氏

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment