• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海情緒を演出するための足湯の増設は重要と考える(斎藤市長)

熱海情緒を演出するための足湯の増設は重要と考える(斎藤市長)

台風一過、昨夜の雨がウソのように晴れ上がり、
午前11時を過ぎたあたりから外気がグングン上昇し、
真夏の様相を見せています。今日は午前10時より、

熱海市議会総務福祉教育委員会が開催され、本会議
最終日に向け補正予算案の審議を図っていた。小生は、

所管が別なこともあり、今朝は、観光建設部の所管別
職員と本会議での質問に関する無回答だった細部について
打ち合わせをする。そのうちの一つ、マリンスパに関して
明日山田次長と現地を視察して対応を図ることに。さて、

本会議で、熱海駅前の足湯に関して問い質している。

熱海市の旧商店街、特に銀座通りの空洞化をよそに、
熱海駅周辺だけはインフラ整備や熱海駅舎改築等で、
大きく様変わりしている。来場者もまち中に下りずに、
周辺商店街を散策するという、一極集中に関連して質す。

・・・・ 斎藤市長は ・・・

ー足湯は、来熱された観光客の皆様に旅への期待感と共に
旅の思い出を印象づける一方、市民の皆様にも癒しや
くつろぎを与える施設として熱海駅前広場のシンボル的な
重要な施設と考えておりますますが、

熱海情緒を演出する足湯施設については、
他の場所に設置することも可能と考えております。

熱海駅周辺2

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment