斎藤市政2期8年の総括を検証する②

今朝の議会運営委員会は欠席する。内容は先日の
代表者会議と同じ内容ということであり、
オブザーバーとしてはムダを回避する。さて、

熱海市長選に向けて、各候補者及び陣営とも
勝利に向けて活発な支持者獲得の動きを見せている。

今日の熱海ネット新聞にも候補者の一人が

週末を熱海のリゾートマンションなどで過ごす
別荘族と市民ら暑気払いを兼ねての交流会に出席し、
熱海駅前広場改修工事に対する不満に耳を傾け、
今後の対策などを話し合ったと記載されていた。

マンション族にも大批評の熱海駅前広場。

この工事、当局を始め駅前周辺の利害関係者が
協議会を開いて幾多の協議を重ねての、
工事着工だったはずだが、今では、補修工事を含めて

駅前広場の失敗即、斎藤市政の責任との声が、
市民やマンション族の間にも広がっており、
今回の市長選の争点となるのは避けられないようだ。

斎藤市政2期8年の総括を検証する②

・・・・・・

(熱海市議会6月定例会より)

人口問題についてはその1つであり、根幹には、

子どもを生み育てて働く現役世代が、
市外移転によって減少していること、また、

市外から熱海市内に働きにくる方が
約6千5百人いることなどがあります。同時に、

人口と市税収入が減少していく可能性が高い中で、
老朽化した公共施設の更新・維持にも、今後
積極的に取り組んでいかなければなりません。

市税収入を増やすためには、

市外などから投資を呼び込んで、
基幹税目である固定資産税収入を増やしたり、

働く世代の定住の
促進を図らなければならない訳でございます。

また、熱海の暮らしは良くなったかという、
こういった市民の声も非常に重要であります。

建設業のある若手の方からは、
「常に仕事がある訳ではない」、また、

飲食店の女将さんやスナックのママさんからは、「
お客や、単価が下がっている、将来が不安である」といった

声をお聞きします。また、熱海では、いわゆる

母子家庭、片親のご家族が多く、そういった方から
「生きていくことが精一杯で、
子どもの教育には、まだ手が付けられない」と、
そういった状況も聞いております。

こういった、切実な市民の声に耳を傾け、
市政に反映していくということが、
今後の課題であるというふうに思っております。

今後とも、「住まうまち」としての魅力を高めていくことが
大きな課題というふうに認識をしております。

斎藤市長

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment