斎藤市政2期8年の総括を検証する。

今、夏の夜空を焦がす、熱海温泉夏の
海上花火大会の目玉の一つ、

ナイアガラの滝の炸裂音を、中央町事務所2階で、
愛鳥る〜と共に体感した。さて、先程、
熱海に到着したばかりだが、ここ2日間の行動を
ザットブルグに掲載して記録に停めておく。

昨日は午後1時に、市ヶ谷本村町にある、

防衛省大臣官房広報課を訪問する。

訪問の理由については諸般の事情もあり
暫し時間を置かせて頂くとして、この後、

午後3時台の新幹線のぞみに乗車して
大阪に向う。一泊2日の行程等、
facebookにて断片的に掲載しており、今夜は省いて、

ナンバ花月

斎藤市政2期8年の総括を検証したい。

・・・・・・・

ー2つ目の、「豊かな暮らし」を実現するための
取り組みにつきましては、まず、

子育て支援であります。

中央保育園を民営化し、
待機児童数が発生しやすい

2歳児クラス以下の定員を増やすとともに、
生後57日からのゼロ歳児保育、
休日保育、病後時保育など、
保育サービスの充実を図ってまいりました。

また、学童保育を拡充することにより、

平成26年度には5クラブ、
263名の定員となっております。

子育て世帯の負担軽減施策として、
中学3年生までの医療費の無料化や
予防接種の全額補助を行いました。

また、海岸部の公園を使いやすくするための、
無料パス券の配布、子育て支援センター、
ファミリーサポートセンターの充実を行ってまいりました。

ー高齢者の健康づくりにも力を入れてまいりました。
運動機能向上のため、熱海市独自の

湯楽YOU楽(ゆらゆら)体操を創設し、
体操教室を計666回開催し、
延べ1万人超の方の参加をいただいております。

安全・安心のまちづくりにつきましては、

旧熱海中学校と小嵐中学校の統合によりまして、
新生熱海中学校が本年4月に開校し、
学校施設の耐震化100%を達成いたしました。

以上のとおり、自分の2期8年に取り組んできた
主なものを申し上げましたが、もちろん、今後

達成していかなければならない市政の課題も多くございます。

市長

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment